“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

3D Realmsの迷作が復活へ、ニンジャが主役のエセ和風FPS『Shadow Warrior』の最新作が正式発表

May 10, 2013(Fri) 10:33 / by ishigenn


『Duke Nukem』シリーズの開発として知られる3D Realmsが1997年に開発リリースし、ニンジャが主役のエセ和風FPSとして一部ファンの間で話題となった『Shadow Warrior』ですが、なんとそのシリーズ最新作がオールドスクールFPS『Hard Reset』の開発で知られるFlying Wild Hogより正式発表されました。

1997年にリリースされた『Shadow Warrior』は、暗殺マスター”Shadow Warrior”の称号を持つニンジャLo Wangが、自身の雇い主である企業Zilla Enterpriseの社長でありダークサイドパワーを利用するMaster Zillaが企てた日本支配計画を阻止するというFPSタイトル。主人公の名前やゲームの舞台が明らかに中国風となっており、そのエセジャパンワールドが魅力の1つとなっています。

1997年発売『Shadow Warrior』

新作『Sadow Warrior』では、『Hotline Miami』のパブリッシングで知られるDevolver Digitalがパブリッシャーを担当する予定。Devolver Digitalは昨日、Blade Analyzer Proなる刀剣スキャンソフトをSteam Greenlightに登録し、作成者名を前作『Shadow Warrior』内に登場する企業Zilla Enterprisesにするなど、『Shadow Warrior』関連でなんらかの動きがあることを示唆していました。

Blade Analyzer Proの映像

発表と共にオープンされたオフィシャルサイトでは新作『Shadow Warrior』のロゴと共に、ニンジャに切り捨てられたらしいキャラクターの姿も確認することができます。今後も続報に期待しておきましょう。
(ソース: Facebook@Flying Wild Hog)

【関連記事】
新要素を追加したリテール版『Hard Reset: Extended Edition』が発表!
様々な武器やモンスターを紹介!『Hard Reset』最新トレイラー
DRMに関する情報も!サイバーパンクFPS『Hard Reset』のデモが配信開始
『Hard Reset』が27ドルで予約開始、動作環境も明らかに!
サイバーパンクな7分間!『Hard Reset』ゲームプレイ映像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image