ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS4インタビュー第2回目は『アサシン クリード4』の開発者、「PS4はすばらしい宝石だ」

メディア 動画

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、公式コミュニティサイト「プレコミュ」にて、PS4インタビュー映像シリーズ「Conversations with Creators」の第2回目を公開しました。

今回のインタビューでは、『アサシン クリード4 ブラック フラッグ』制作者であるクリエイティブディレクターのジャン・ゲドン氏とアソシエイトプロデューサーのスリヴァン・トロティエ氏が登場しました。


彼らは、「今ユービーアイソフトではPS4でのソフト開発を楽しんでいる」として、PS4について語りました。まずPS4によって劇的に変化するのは、ゲームのグラフィックです。PS4の高性能なGPUとCPU、そして大容量のRAMによって、エンジンにとっては自前の開発環境をそのままPS4に適用するかのような直感的な開発が可能になったそうです。

さらにPS4では、ユービーアイソフトが採用を望んでいた新たな技術を全て実装させることに成功し、現行ゲーム機では、ハード性能を使い切っても追及することが難しかった、グラフィックの更なる美しさと没入感の向上をPS4は実現させました。

また「SHAREボタン」についても触れ、彼らは「SHAREボタンは間違いなくすばらしいボタンです。」と言います。「SHAREボタン」がもたらすオンライン要素として、「シングルプレイ中でも、プレイヤー同士が“つながる”」ことをあげました。

具体的には、「フレンドとはつながりたいものの、マルチプレイをしたい気分ではない」という時でも、シングルプレイ中に、フレンドとつながることができるようになった点です。

その他にも、今作では陸から海へ、そして船から船へシームレスに移動ができますが、これを可能にしたのもPS4の性能だといいます。

そして、次世代ゲーム機のソフト開発において、SCEがもたらした素晴らしい点は、PS4をクリエイター目線で開発したという点に尽きると言います。

ゆえに開発にとって課題になりうる点が、PS4では多く改善されたため、ここからはクリエイターの腕の見せ所であり「このすばらしい宝石で目をみはるようなゲームを作ります」と意気込みを語りました。
(ソース: PlayStation 4インタビュー映像シリーズ 第2回目)

【関連記事】
ソニー連結業績、利益が前年度比94.1%減の17億円・・・今後はPS4に期待する形に
吉田修平氏、PS4に“常時オンライン接続”を採用しない考えを明らかに
EvolutionのPS4レーシング『DriveClub』新スクリーンショット4点とタッチパッドなどに関するディテールが登場
PS4インタビュー映像シリーズがプレコミュにて連載開始!第1回目はUbisoft『Watch Dogs』!
Game Informer最新号の『inFAMOUS: Second Son』カバーが公開! 30ページのPS4特集も
GameStop EXPO 2013、開催概要が発表…今年はPS4も登場
PS3/PS4版『Watch Dogs』に1時間相当の追加ゲームコンテンツを限定配信
《インサイド》

メディア アクセスランキング

  1. 小さな街に潜む秘密を解き明かす一人称ミステリー『Virginia』トレイラー―日本語対応のデモも配信中

    小さな街に潜む秘密を解き明かす一人称ミステリー『Virginia』トレイラー―日本語対応のデモも配信中

  2. 日本も舞台に!新作農業シム『Pure Farming 17』フルトレイラー

    日本も舞台に!新作農業シム『Pure Farming 17』フルトレイラー

  3. 映画版「アサシン クリード」国内で2017年に全国ロードショー決定!

    映画版「アサシン クリード」国内で2017年に全国ロードショー決定!

  4. どれだけ違う?『スカイリム』高画質化Mod適用版とリマスター版の比較映像!

  5. 怪獣映画並みの大騒ぎ!台湾で『ポケモンGO』ブームが深刻化

  6. ダークな雰囲気台無しだよ!『DARK SOULS』のダンスミュージック映像

  7. アクション満載の『タイタンフォール 2』マルチプレイ映像がお披露目

  8. 【E3 2016】PS4/XB1/PC向けリマスター版『Skyrim』海外で10月発売、コンソール版Modも

  9. トウモロコシ畑で襲われる『Outlast 2』の戦慄ゲームプレイ映像

  10. デジャヴを感じる中国産新作FPSのトレイラーが発掘―どうみてもオーバー…

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top