ハードコアゲーマーのためのWebメディア

とあるN64ソフトの“説明書”が海外オークションで高騰、入札額が10万円を越える

ニュース 最新ニュース

海外大手オークションサイトeBayに出品されたNINTENDO64タイトルの“説明書”が10万円(1000ドル)を超える入札額を叩き出し、海外ゲーマーの間で話題呼んでいるようです。該当のオークションページで実際にその商品を確認してみると特に変わりのない普通の説明書…、何故ここまで価格が高騰しているのでしょうか。

激レア化している謎の説明書、その正体は1997年に海外NINTENDO64向けに登場したクレイ格闘ゲーム『ClayFighter Sculptor's Cut』に同梱されていたものだったのです。実はこのソフト、同年にリリースされた『ClayFighter 63⅓』の改良版として、映画/ゲームのレンタルサービスを行うBlockbusterの店舗向けに“レンタル専用”で登場した作品で、生産数も2万本と少なく、ゲームソフト自体もプレミア化(eBay相場では100ドルから150ドル)しているタイトルなのだそうです。

その為、生産数の少なさとレンタル故の説明書管理の緩さが要因となり、結果的に現存数が極めて少ない状況が生み出されてしまった模様。当のゲームソフトよりも高価になってしまったこのアイテム、近年で最もプレミアの付いたゲーム説明書と言えるのではないでしょうか。(ソース: eBay via Destructoid)
【関連記事】
伝説のファミコン専用コントローラー「パワーグローブ」がeBayに出品
ダンボールで作られたWii U GamePadがeBayに出品、入札は91,300ドルに
初代『ファイナルファンタジー』の超レアなクリスタルオーブがeBayに出品
eBayのXboxドゥランゴ開発キットが約2万ドルで早期落札
《Round.D》

ニュース アクセスランキング

  1. 英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

    英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

  2. アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

    アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

  3. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

    『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  4. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  5. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  6. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  7. 『Burnout』のクリエイターが新作ドライビングゲームの開発に着手!

  8. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

  9. PS4『バウンド:王国の欠片』ゲーム情報が国内向けに公開―妊婦の内面世界を渡り歩く

  10. 「LJL 2016 Summer Split Final」8月7日開催―春の大会に続いて大規模に

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top