ハードコアゲーマーのためのWebメディア

タクティカルTPS『The Bureau: XCOM Declassified』の最新ディテールとトレイラーが公開

PC Windows


先月に2K Gamesより正式発表が行われ、タクティカル要素を備えたサードパーソンシューターとして再始動を果たした『XCOM』シリーズの新作『The Bureau: XCOM Declassified』ですが、本作のゲームプレイシーンを収めたトレイラーが披露されると共に、最新のプレビュー情報が公開されています。

  • 戦略性や戦術性、綿密な計画の重要性を実現する為にゲームプレイを再設計

  • 固定視点の方が洗練されているとのデザイナーの考えから一人称視点は撤廃され、タクティカル画面時の三人称視点がメインに採用された

  • CVG曰くゲームプレイはGearboxの『Brother's in Arms』風

  • プレイヤーが操作するのは主人公William Carter。戦闘では“Battle Focus”ホイールを使用する。

  • ホイールは司令官のCarterと、他のエージェント向けの3つのセクションに分かれている。

  • “Battle Focus”の起動時は時間がスローになり、主にトップダウン視点でコマンドを発動する事が出来る。これはXCOM風ではあるが、リアルタイムで動作している。

  • “Battle Focus”はキャラクターを戦略的に動かす為に使用されるが、パワーやコンボと合わせて使用する事で非常に効果的となる。この能力はエイリアンの捕獲でアンロックされる。

  • エンジニアはタレットの設置が可能で、Carterはそれを持ち上げて空中にホールドし、敵の侵攻を防ぐ事が出来る。

  • システムは多くの点において『バイオショック 2』的で、トラップや、武器/プラスミドと同様のものを使用する必要がある。

  • 本作の舞台はエイリアンが初めて地球に姿を現した1962年

  • FBIから派生してXCOMが結成される

  • アートスタイルは60年代のノスタルジアなアメリカと、現代のSFをミックス。

  • 仲間のエージェントは名前の変更やレベルアップが可能で、全てのエージェントはそれぞれスキルツリーを有している。死んでしまっても復活する事はない。

  • HQでは調査や新たな武器の開発が可能

  • サイドミッションの他、選択の結果に影響するストーリーも用意されている


シングルプレイ専用となる『The Bureau: XCOM Declassified』は、PC/PS3/Xbox 360を対象に2013年8月20日にリリース予定です(ソース: CVG)
【関連記事】
再始動を果たした宇宙人襲来TPS『The Bureau: XCOM Declassified』の初映像&最新ショットが到着
『XCOM: EU』のFiraxisが開発する新作ストラテジー『Sid Meier's Ace Patrol』の配信がスタート
シューター版『XCOM』再始動!『The Bureau: XCOM Declassified』が正式発表
2K Gamesがシューター版『XCOM』の新情報発表を正式に予告
解禁は4月26日か、シューター版『XCOM』と見られる新たなティーザー映像が登場
2K Gamesがシューター版『XCOM』をついに再始動か、海外で謎の小包と意味深な映像が登場
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

    PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

  2. 太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

    太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

  3. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  4. 開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

  5. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

  6. 『BioShock: The Collection』3作品ゲームプレイ映像―全ては灯台から

  7. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  8. 非対称マルチホラー『Dead by Daylight』100万本セールス!コストは1週間で回収

  9. 『オーバーウォッチ』次期バランス調整の詳細が公開―ゲンジ弱体化など変更多数

  10. コーエーテクモ『進撃の巨人』海外版はPC/Xbox Oneでも発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top