“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Injustice: Gods Among Us』と『Dead Island: Riptide』の新作ワンツー。2013年4月のNPDセールスデータ

May 17, 2013(Fri) 17:40 / by Gokubuto.S


新作をプレイしている時間と余裕がないゲーマーにも売上情報を教えてくれる調査会社NPD Groupより、2013年4月度の米国小売ゲーム市場セールスデータがリリースされました。

新作『Injustice: Gods Among Us』(国内題『インジャスティス:神々の激突』)と『Dead Island: Riptide』が、高評価を獲得した『Bioshock Infinite』を超える形で全体を牽引したものの、ゲームソフトの売上高(PC向けを含まず)自体は前年同月比で25%ダウンと縮小し、4.95億ドル。ハードウェアは1.10億ドルでこちらは42%の減少。

米国王者に君臨し続けるXbox 360の売上は13万台。後継機種発表が来週5月21日(現地時刻)にひかえていますが、まだ勢いは止まりません。ソニーはPS3やVitaの売上詳細を公表していません。Wii Uはやや下降に転じ5万5000台。全体の勢力図としては目立った動きはなし。

据え置き機と携帯機を含むコンシューマ向けソフトウェア売上高は前年同月比17%ダウンの2.54億ドル。PC向けソフトを含めると2.68億ドルで、同じく17%減。ご参考までに、トップ10に入った作品の対応ハードは、PS3: 8本/ Xbox360: 7本/PC: 5本/Wii U: 4本/3DS: 3本/Wii: 2本/Vita 1本/PSP: 1本。

ソフト売上トップ10は以下のとおり。上記2タイトルのほかに目立っているのは、メディアからは少々酷評をもらってしまった『Defiance』や、3DS『Lego City Undercover: The Chase Begins』など。後者は9万4000本ほどのセールス。

1. Injustice: Gods Among Us (360, PS3, NWU)
2. Dead Island: Riptide (360, PS3, PC)
3. Bioshock Infinite (360, PS3, PC)
4. Call of Duty: Black Ops II (360, PS3, PC, NWU)
5. Defiance (360, PS3, PC)
6. Luigi's Mansion: Dark Moon (3DS)
7. NBA 2K13 (360, PS3, WII, NWU, PSP, PC)
8. Skylanders Giants (WII, 360, PS3, 3DS, NWU)
9. Lego City Undercover: The Chase Begins (3DS)
10. MLB 13: The Show (PS3, Vita)

NPDのLiam Callahan氏によると、イースターは通常10%ほど売上を伸ばす要因となるが、時期が去年は4月で今年は3月であって、簡単には比較的できないとのことです。
※イースター(復活祭)はキリスト教圏の祝祭日。おおむね4月を中心に開催されるが、日付が定まっていないいわゆる「移動祝日」であるため、昨年2012年度は4月に、本年2013年度は3月にひらかれた。

・ハードウェア: 1.10億ドル(42%減) ・
・ソフトウェア(コンソール機・携帯機のみ): 2.54億ドル (17%減)
・ソフトウェア(上記にPCゲームを加算): 2.68億ドル(17%増)
・周辺機器: 1.31億ドル(19%減)
ビデオゲーム全体の売上: 4.95億ドル(25%減)

・中古やレンタル等のゲーム販売概算: 0.76億ドル
・デジタル販売概算: 2.67億ドル

米国でのゲーム販売全体の概算: 8.02億ドル

(ソース: Gamesutra, GameSpot, VG247)【関連記事】『BioShock Infinite』と『Tomb Raider』が健闘。2013年3月のNPDセールスデータ
『Dead Space 3』が快調なセールス、Wii UもVitaも奮闘中。2013年2月のNPDセールスデータ
Wii U本体、『DmC』『二ノ国』が注目される2013年1月のNPDセールスデータ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image