“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

LA警察が海外スタジオに設置されていた『Call of Duty』ゴーストの1/1スタチューを銃撃犯と間違える

June 03, 2013(Mon) 11:24 / by ishigenn


『Call of Duty』シリーズのフロントマンとして活躍していたRobert Bowling氏が昨年設立したRobotoki Gamesにて、警報ボタンが誤って作動し、スタジオ内に設置されていた『Call of Duty』の人気キャラクターであるゴーストのスタチューとロサンゼルス警察が対峙するという珍事件が先月末に発生していたようです。

これはRobotoki GamesがTwitter上や海外サイトPolygonに対し明らかにした情報。事件の発端は、Infinity Ward在籍時に脅迫を受けたこともあるBowling氏が、開発チームの安全を守るためスタジオ内部に新しく設置したパニックアラームのボタン。この新しく導入されたパニックアラームの説明を受けていなかったとあるザイナーが“良くわからないボタンを見つけた子供”のように警報ボタンを押してしまったそうです。

開発者たちが去った午後7:10、警報を受けた15分後にロサンゼルス警察4人がRobotokiの建物前に到着すると、その窓際には銃とナイフで完全武装した『Call of Duty: Modern Warfare 2』の人気キャラクターであるゴーストの1/1スケールスタチューが。これに対しLA警察はショットガンなどで武装してスタジオ内へ突入、会社のオフィスに残っていたBowling氏に「手を上げてこちらへゆっくり歩いて来い!」と警告するなど、一時現場は騒然となりました。

Polygonに掲載された警察の突入シーン

Bowling氏が拘束された状態でフロアのクリアリングが進められた後、ようやくBowling氏がゴーストの人質でも犯罪者でも無いことがわかり、その後同氏は過去の経歴やスタジオにあった巨大NESコントローラーテーブルについて30分ほど警察官たちと話したとのこと。「ロスでは日常茶飯事だぜ」なんてネットミームも存在しているロサンゼルスで起きた今回の珍事件ですが、誤って発砲するような事態も起きず、同スタジオの第一弾タイトル『Human Element』も無事に開発が進められていくこととなりそうです。


(ソース&イメージ: Polygon)

【関連記事】
Robotokiが2Dアクション『The Adventures of Dash』を正式発表、Kickstarterにて始動へ
Robotoki第一弾タイトル『Human Element』が新ハード“Ouya”向けに発表
元『CoD』フロントマンRobert Bowling氏が開発会社Robotokiを設立
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

  • 2013年12月17日 18:45:13 ID: /UYEtiM7EkVT
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    笑い話ですんだからいいけど 向こうの国ではわりと洒落にならないよねこれ

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

no image