モバイルにもエイリアン侵略!『XCOM: Enemy Unknown』iOSバージョン開発者インタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

モバイルにもエイリアン侵略!『XCOM: Enemy Unknown』iOSバージョン開発者インタビュー

メディア スクリーンショット


『Civilization』シリーズで知られるデベロッパーFiraxis Gamesが、伝説的ストラテジーフランチャイズのリブートとして昨年世に送り出し、手堅い評価を受けた『XCOM: Enemy Unknown』。そのiOSバージョンがいよいよ発売されます。Firaxisで本作のリードデザイナーを担当するJake Solomon氏に、メールインタビューを実施したので、その模様をお届けします。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

Game*Spark: 我々Game*Sparkは昨年のE3でもSolomon氏にインタビューさせていただきました。ありがとうございます。PAX Eastで発表された『XCOM: Enemy Unknown』のiOSバージョンについてさっそく伺いたいと思いますが、まずは移植に至った経緯や理由を教えてください。

Jake Solomon: こちらこそお話できて光栄です! 2KとFiraxisは、モバイルゲーミングをとても真剣に受け止めていて、大きなやり方でその分野に進出しようとしています。まず、Firaxisのチームが開発した『Haunted Hollow』を発表し、さらには、現行機をモバイルに移植する例として『XCOM』を準備しています。様々な面で『XCOM』は間違いなくモバイルにフィットしています。操作性は大変うまく機能し、ターンベースのゲームはモバイルやタブレットにより最適と言えます。


Game*Spark: 次に、気になる点として、PC/コンソール版との違いを教えてください。

Jake Solomon: これほど多くを詰め込めたのは素晴らしいことです。大部分の変更点は、最初から作り直す代わりに、単にインターフェースを再調整しているだけです。Unreal Engineはサポート面で非常に優れており、言うまでもなく昨今の携帯デバイスはとにかく高性能になってきました。PC/コンソール版から唯一譲歩したのは、携帯デバイスにフィットさせるため、いくつかのマップを取り除いたこと、それに、やはりPCとコンソールのハードウェアは少しパワフルなので、いくらかの変更をグラフィック面に施しています。とはいえ、根本的なゲームプレイはすべてのバージョンにおいて完全に同じです。

Game*Spark: PC/コンソール版の『XCOM: Enemy Unknown』をプレイしていても楽しめるでしょうか?

Jake Solomon: もちろんです。これほど多くのプラットフォームに登場したことで、『XCOM』フランチャイズはいっそう力強い存在になっただけだと思います。



Game*Spark: 移植にあたって苦労した点、調整した点などを教えてください。

Jake Solomon: 現行コンソールのゲームがiOS上で動作させられたことをふまえると、移植は本当にスムースだったと私も驚きました。他にぱっと思い当たる点はありません。改善すべき技術的な問題もいくつかありましたが、エンジニアが解決できなかったことは一切ありません。

Game*Spark: iPadバージョンとiPhoneバージョンの違いを教えてください。

Jake Solomon: 大きな違いは解像度とインターフェースのサイズです。当然ながらiPadバージョンは画面に余裕がありますが、基本的には同じゲームです。


Game*Spark: タッチでの操作感は実際のところいかがでしょうか?

Jake Solomon: 快適で自然な操作感です。とても直感的でとっつきやすいです。PC版をマウスだけを使ってプレイするのに少し似ているかもしれません。プレイヤーが操作に慣れるのに時間はかからないでしょう。

Game*Spark: iOSバージョンの配信価格やMicro-transactionの有無がもし決まっていれば教えてください。

Jake Solomon: ゲームはプレミアム価格のアプリになります。価格はゲームの価値に見合うものでしょう。『XCOM』は迫力と中毒性、リプレイ性のある、シリーズのファンや批評家、そして初期の『X-COM』のことを知らないユーザー、あるいは何年もストラテジーゲームをプレイしていない人々の間で人気を博したゲームです。モバイルやタブレットの分野は成熟しつつあり、ゲームの価値に応じた今後様々な価格モデルへの購買意欲が増えることになるはずです。



Game*Spark: 『XCOM』ブランドは、今回のiOS移植をステップとして、今後も続いていくのでしょか?

Jake Solomon: 期待していてください! 『XCOM』に取り組んだのは素晴らしい旅で、開発チームにはまだたくさんのアイデアがあります。

Game*Spark: 『XCOM: Enemy Unknown』はPC版が日本語でプレイ可能で、日本のゲーマーにも好評だったと認識しています。iOSバージョンではじめて『XCOM』に触れるユーザーに何かメッセージをお願いします。

Jake Solomon: 『XCOM: Enemy Unknown』をプレイしていただいて本当にありがとうございます! 大規模なエイリアン侵略から世界を救うのはたやすいことではありませんが、あなたの下には地球上で最高の科学者、兵士、技術者が働いています。幸運を祈る、コマンダー。

【関連記事】
タクティカルTPS『The Bureau: XCOM Declassified』の最新ディテールとトレイラーが公開
『XCOM: EU』のFiraxisが開発する新作ストラテジー『Sid Meier's Ace Patrol』の配信がスタート
製品版までの変化がわかる『XCOM: Enemy Unknown』プロトタイプ映像が公開
PAX East: 『XCOM: Enemy Unknown』のiOS移植が正式発表、拡張パック登場を匂わせるティザー映像も
PAX East: 『Civilization V』拡張パック“Brave New World“が7月9日に配信決定、『XCOM』とのコラボも
『XCOM: Enemy Unknown』DLC第一弾“Slingshot Content”が配信開始
海外レビューハイスコア『XCOM: Enemy Unknown』
《Rio Tani》

特集

メディア アクセスランキング

  1. 新作オープンワールドサバイバルMMO『Lost Region』の映像が公開!―indiegogoも開始

    新作オープンワールドサバイバルMMO『Lost Region』の映像が公開!―indiegogoも開始

  2. 『バイオハザード7』追加DLC「発禁フッテージ Vol.2」がPS4向けに配信開始!

    『バイオハザード7』追加DLC「発禁フッテージ Vol.2」がPS4向けに配信開始!

  3. 『バイオハザード7』XB1/Steam向けに追加DLC「発禁フッテージ」が配信開始

    『バイオハザード7』XB1/Steam向けに追加DLC「発禁フッテージ」が配信開始

  4. 海外版くにおくん続編『River City Ransom: Underground』最新映像!―ビシバシアクション披露

  5. スピンオフ作『Terraria: Otherworld』の進捗が報告!―最新スクリーンも披露

  6. プロ仕様PS4コントローラー「Nacon Revolution」欧州向け映像ー感度など徹底カスタマイズ可能

  7. 映画版「アサシン クリード」国内で2017年に全国ロードショー決定!

  8. 海外版くにおくん続編『River City Ransom: Underground』最新映像―Steam Greenlightにも登場

  9. どれだけ違う?『スカイリム』高画質化Mod適用版とリマスター版の比較映像!

  10. 細部もくっきり!『アサクリ エツィオ コレクション』とオリジナル版との比較映像

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top