ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

EAの次世代スポーツゲームエンジンはPC未対応に、ユーザーの平均スペックを考慮

June 19, 2013(Wed) 00:31 / by Round.D

先月にElectronic Artsが発表した次世代コンソール機向けゲームエンジン“EA SPORTS Ignite Engine”。現行のゲームエンジンより4倍もの計算処理速度を実現し、同社のスポーツゲームタイトルでこれまで以上の臨場感と感動を生み出す事を謳っている次世代エンジンですが、現時点でPC版のタイトルは未対応となる事が明らかにされています。

同エンジンは今後1年以内に発売が予定されているスポーツゲームシリーズ新作『FIFA 14』、『Madden NFL 25』、『NBA Live 14』、『EA Sports UFC』のPS4/Xbox One版で採用する事が発表されていますが、PC版未対応についてEA Sports上級副社長のAndrew Wilson氏は、同エンジンはPS4/Xbox Oneのシステムに基づいて設計されているとして、高いスペックを要するため、現在のPCユーザーの平均スペックを考慮した決定のようです。

また、将来のタイトルで同エンジンがPC向けに採用される可能性はあると伝えるも、PCスペックの平均値の上昇が第一の条件となる模様です。(ソース: VG247)
【関連記事】
EAが新スポーツゲーム登場の可能性を示唆「幾つか新フランチャイズを追加するかもしれない」
E3 2012: THQがUFC開発チームのレイオフを発表、UFCライセンスはEAに移行へ
『FIFA 13』のセールスが1,200万本を突破、デジタルネット方面での収益は1億ドルに
『FIFA 13』が『Far Cry 3』から首位奪還。12月30日〜1月5日のUKチャート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image