ハードコアゲーマーのためのWebメディア

北米版『ロックマン2』パッケージイラストのロックマンは何故ピストルを持っていたのか?

ゲーム文化 カルチャー

ロックマン2北米版パッケージ

ビデオゲームのパッケージでひどい出来と言えば? と、北米のゲームマニアに問いかけるとかなりの確率でそのタイトル名が挙がる『ロックマン2』このトンデモイラストで最大の謎、ロックマンの代名詞"ロックバスター"が何故か"ピストル"に変更されている件について、このイラストを描いたイラストレーターのMarc Ericksenさんがその謎を語っています。

昨年ポーランドで行われたレトロゲームエキスポでのイベントで語られたこの話題。Marc Ericksenさんは、『ロックマン2』のデモ画像を見て、小さなドットのロックマンから打ち出される弾に対し、ライフルには見えないしピストルを持っている必要があるのでは? とカプコンのアートディレクターに問うと、では、そこにピストルを入れましょう。という話になりピストルを撃つロックマンのイラストを描いたそうです。



ロックバスターのピストル化の他にも、あり得ない方向に曲がっているロックマンの右足首、クラッシュマンを突き落とそうとするDr.ライトと、ツッコミどころ満載のイラストとなっているのですが、この辺りが許されたのが80年代の緩さを感じるところかもしれません。
(ソース:Destructoid )
※UPDATE (2013/06/28 01:24):キャラクター名に一部誤りがありましたので修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。

【関連記事】


《DOG COMIC》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  2. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  6. 『Fallout 4』の最強武器は…「ゴミ箱」?―意外な使い方を発見

  7. まさに寝落ち!『オーバーウォッチ』でアナに眠らされ続けてサーバーから強制退場

  8. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  9. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  10. ライトニングは実在した…?あまりにも本気すぎる『FF13』コスプレ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top