“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

オーストラリアや日本地域にてSteamの『Saints Row IV』がLow Violence Versionに差し替え

July 02, 2013(Tue) 17:02 / by ishigenn


過激な性暴力とドラックの表現にてオーストラリアでのレーティング審査を拒否され話題となった『Saints Row IV』ですが、新たにオーストラリア地域からSteamへとアクセスすると『Saints Row IV』がLow Violence Version(暴力表現: 低)へと差し替えられることが明らかとなりました。海外サイトKotakuが報じています。

すでにDeep Silverは『Saints Row IV』のオーストラリアにおける発禁処分に対し、『Saints Row』シリーズ特有のゲームプレイを出来るだけ失うことなくオーストラリア地域向けの修正を行うと明らかにしており、今回の動きはそれに関連したものと見られています。Low Violence版でどのような変更が行われるのかは不明ですが、先日の報道では、一部性暴力を暗示するような武器やドラッグ使用の暗示などが問題とされていました。

なお日本地域でも6月末よりこのLow Violence Versionに差し替えられていた模様で、国内からSteamの『Saints Row IV』ページへとアクセスすると「暴力表現: 低: Low Violence Version」の一文を確認することができます。Steamでは過去にも国内で2011年リリースの『F.E.A.R. 3』が表現規制が加えられたLow Violence Versionへと差し替えられていました。


(ソース: Kotaku , Saints Row IV Forum)

【関連記事】
大統領 vs エイリアンのスペクタクルバトル!『Saints Row IV』最新ゲームプレイ映像
『Saints Row IV』に引き続き『State of Decay』が豪州にて発禁処分に、ドラッグ使用の描写が原因か
国内発売決定!スパイク・チュンソフト、PS3/360『Saints Row IV』のティーザーサイトを公開
E3 2013: およそ10分に渡る『Saints Row IV』のゲームプレイ映像が披露
ダブステップガンのレプリカなどを同梱した『Saints Row IV』の豪華限定版が海外向けに発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image