ゾンビサバイバル『State of Decay』のCo-opマルチプレイヤー搭載がキャンセル | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゾンビサバイバル『State of Decay』のCo-opマルチプレイヤー搭載がキャンセル

家庭用ゲーム Xbox360


2013年6月5日にXbox LIVE アーケードで配信され、2週間ほどでハーフミリオンも達成したオープンワールドゾンビサバイバル『State of Decay』ですが、デベロッパーUndead LabsのJeff Strain氏は過去に計画が伝えられていたCo-opマルチプレイヤーの搭載がキャンセルされた事を公式フォーラムにて明らかにしました。

開発チームの規模や予算の関係で発売時点での搭載が見送られたものの、追加の可能性が探られていたCo-opマルチプレイヤー。実際に搭載するとなると中核のゲームシステムデザインの変更や新たなコンテンツの追加など多くの作業が必要となり、下手をすればタイトルアップデートやDLCなどのサポートが提供できなくなる可能性があったとの事です。

マルチプレイヤーを適当にねじ込む事もできたそうですが、それは大きな経験とはならず、またUndead Labsにとっても誇れるものではないとStrain氏は語っています。彼自身『State of Decay』のマルチプレイヤーを見たかったとしながらも、現在のゲームにそれを加えるのは現実的ではないと結論付けています。しかしながら『State of Decay』の将来の作品(『Class4』)では明確にマルチプレイヤーが中心となり、その作品の大きな計画は変更されていないと伝えられています。

なお余談ですが、先日『State of Decay』がゲーム内のドラッグ描写によってオーストラリアの倫理審査機関で審査拒否の判定が下されていましたが、Undead Labsは問題となっていた部分を修正し(“Stimulants”「覚醒剤」を“Supplements”「栄養補助食品」に変更)、再提出を行ったそうです。
(ソース&イメージ: 公式フォーラム via VG247)

【関連記事】
『Saints Row IV』に引き続き『State of Decay』が豪州にて発禁処分に、ドラッグ使用の描写が原因か
海外レビューハイスコア『State of Decay』
『State of Decay』がハーフミリオン達成、XBLAで最も早く売れたオリジナルゲームに
ゾンビサバイバル『State of Decay』のタイトルアップデートが正しく適用されない問題が発生
オープンワールドゾンビサバイバル『State of Decay』の海外配信が6月5日に決定、プレイ映像も続々登場中
ゾンビサバイバルアクション『State of Decay』のXBLA版国内配信は無しに、日本語ローカライズも含まず
オープンワールドのゾンビサバイバルアクション『State of Decay』XBLA版が今年6月にリリース決定
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

    E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

  2. 爽快アクションFPS『Bulletstorm』リマスター版ローンチトレイラー!

    爽快アクションFPS『Bulletstorm』リマスター版ローンチトレイラー!

  3. 『スプラトゥーン2』先行試射会の覚えておきたい情報まとめ

    『スプラトゥーン2』先行試射会の覚えておきたい情報まとめ

  4. 『DARK SOULS III』DLC第2弾「THE RINGED CITY」3月28日配信!本編+DLCのオールインバージョンも発売決定

  5. 『タイタンフォール2』新DLCが無料配信へ―シングル遊べるトライアルも

  6. 『バイオハザード7』はいかにして作られたのか ─ メイキング動画第1弾が公開

  7. 「ニンテンドースイッチ」3月3日発売! 価格は29,980円

  8. ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

  9. ネタバレ注意!『デッドライジング 4』の新DLC情報が公開―フランクさんが…

  10. ベセスダSFシューター新作『Prey』PS4/Xbox One/PC日本語版発売日決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top