“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

「『RAGE』はまだ死んでない」本作のクリエイティブディレクターを務めたTim Willits氏が『RAGE』についてコメント

August 05, 2013(Mon) 17:16 / by ひよこ*Spark


昨年12月にDLC第1弾“The Scorchers”が、今年の三月にはMod作成ツール“RAGE Tool Kit”が配信された『RAGE』。長らく続報が止まっていた本作ですが、アメリカのテキサス州で開催されたQuakeCon2013で本作のクリエイティブディレクターを務めたTim Willits氏が海外メディアjoystiqのインタビューに対し「我々がやったことを誇りに思う、我々が創造した世界に誇りを持っているんだ。フランチャイズはまだ死んでない。」とコメントしました。

またTim Willits氏は『RAGE』の開発が id Tech 5の革新を続けることに成功し、エンジンは次世代機と他のBethesda製品で使用できるように適応されていると発言しています。

今年4月には『DOOM4』の仕切り直しがあったりと、『RAGE』やid softwareについて今後の動向が注目されます。
(ソース: joystiq)
【関連記事】
『RAGE』のMod作成ツール“RAGE Tool Kit”がSteamで本日配信
『RAGE』第1弾DLC“The Scorchers”の国内配信が本日より開始
『Rage』の新DLC“The Scorchers”が来週配信決定 【UPDATE】
『RAGE』の追加DLC『The Scorchers』のトロフィー情報が出現
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image