ハードコアゲーマーのためのWebメディア

家族や親しいフレンドとSteamゲームライブラリの共有が可能となる“Steam Family Sharing”が正式発表

ニュース 発表


以前よりされていたSteamの新機能“Steam Family Sharing”が正式に発表されました。本機能では家族や親しいフレンドとSteamのゲームライブラリを共有、いわゆる貸し借りが行えるようになります。一旦ライブラリの共有が承認されれば、借り手は貸し手のライブラリにアクセスし、ゲームのインストール及びプレイが可能となります。

詳細ページではFAQが掲載されており、幾つかの注意点などが記載されています。

  • 1つのSteamアカウントにつき、10台のデバイスで共有が可能。

  • 共有はゲームごとではなくライブラリ全体で行われる。

  • クラウドへのセーブや実績などはそれぞれのアカウントで管理される。

  • サードパーティのキーやアカウント、サブスクリプションを使用するゲームは共有できない場合がある。

  • 借り手と貸し手が同時にゲームをプレイする事はできない。

  • 貸し手は常にゲームをプレイ可能。借り手がプレイ中に貸し手がプレイし始めた場合は、借り手はゲームの購入あるいはプレイの終了を促される。

  • 借り手は貸し手が所有するDLCにアクセス可能。貸し手が所有していないゲームのDLCは購入できない。また、ゲーム内で購入あるいはトレードしたアイテムは共有できない。貸し手・借り手に関わらず、それらのアイテムは入手したアカウントのものとなる。

  • 地域制限のあるコンテンツは制限された地域では共有できない。

  • 共有されたライブラリで借り手によってチートや不正行為が行われた場合は、貸し手のFamily Sharingの権利が剥奪されるかもしれない。

“Steam Family Sharing”は来週より限定的なベータが実施されるとの事で、公式グループへの参加が呼びかけられています。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 31 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 原点回帰2Dアクション『Sonic Mania』プレイ映像―未見シーンも!

    原点回帰2Dアクション『Sonic Mania』プレイ映像―未見シーンも!

  2. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

  3. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

    『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  4. 深層Webで見つかった謎のホラーゲーム『Sad Satan』―作者や制作意図は一切不明

  5. 『オーバーウォッチ』が首位、ハードは大きな落ち込み―2016年6月の米国セールスデータ

  6. 【PR】『World of Tanks』初心者がTier4の壁を超えるために必要な10箇条

  7. DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

  8. 『ポケモンGO』ポケストップ効果で大手ゲーム小売GameStopの売上倍増―CEO「非常に満足」

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. 『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top