ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

もう1つのMGSがここに、開発中止となったスネーク・プリスキンのゲーム『Snake Plissken's Escape』の映像が登場

September 28, 2013(Sat) 15:44 / by ishigenn

『メタルギアソリッド』シリーズの主人公スネークと言えば、ジョン・カーペンター監督の映画『ニューヨーク1997』や『エスケープ・フロム・LA』の主人公スネーク・プリスキンがモデルとなっていることはよく語られるところですが、こちらの本家本元を題材にしたゲーム化タイトル『Snake Plisken's Escape』の映像が元開発者を名乗る人物により投稿されました。

この『Snake Plisken's Escape』は2003年にも合併前のナムコが正式発表していたスネーク・プリスキン主役のアクションゲームで、開発は『Dead to Rights』や『Kill Switch』を手がけたスタジオNamco Hometekが担当。「拳と銃火器、ステルスと知能」を混ぜあわせたゲームになると謳われ、スネーク・プリスキン役を演じたカート・ラッセル氏が実際の声を当てることが明らかにされていました。

動画投稿者によれば同作の開発は当時すでにキャンペーンデザインがほぼ完成し、ストーリーラインもカート・ラッセル氏やジョン・カーペンター監督、プロデューサーのデブラ・ヒル氏らから承認を得た段階だったと伝えています。映像では同スタジオが手がけた『Dead to Rights』に良く似た『Max Payne』風のバレットタイムアクションや、背後からの隠密キルにエルードといったステルス要素も確認できますが、『MGS』と比較するとより激しいアクションが予定されていたことが伺えるところ。



開発中止となった『Snake Plisken's Escape』は2005年のクリスマスにもローンチ予定でした。2004年末には『メタルギアソリッド3』が国内外で発売されており、『Snake Plisken's Escape』が無事発売されていればスネークを名乗る眼帯主人公2人がゲーム史上に登場していたところです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集


評価の高いコメント

  • 2013年9月28日 16:20:44 ID: 5u+n9nDHfI+A
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    「もうひとつのMGS」っていう題名がややこしいね。MGSの外電かなんかだと勘違いしちゃう。「MGSの原点となった映画のゲーム」っていうのが正しいところ

  • 2013年9月28日 21:04:59 ID: LGaUP31CaPEE
    10 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>2
    ややこしいというか、わざとそう書いたんだろう
    じゃなきゃ別ゲーなのに、こんな書き方する意味が無い。釣る気マンマン。
    そして見事に釣られたのが俺だ。

  • 2013年9月28日 16:10:58 ID: 5hK/e1vvsHRm
    1 morrowind厨さん
    通報する

    こういう開発中止タイトルの動画とか中々面白いと思うけど、
    大体無粋な奴が現れてクソグラとか言い始めるからなぁ。

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 20 件

no image