宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース

ニュース 最新ニュース

宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース
  • 宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース
  • 宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』が学校で―TeacherGamingとSquadが教育Mod『KerbalEdu』をリリース

ゲームを教育に利用する団体TeacherGaming。過去には『Minecraft』の教育用Mod『MinecraftEdu』(Edu=Education)をMojangの協力を受けて開発し、リリースしています。そのTeacherGamingが、宇宙開発サンドボックス『Kerbal Space Program』を開発したSquadと提携し『KerbalEdu』を開発しました。

Squadが開発した『Kerbal Space Program』は、Steamで早期アクセス中の注目ゲームの一つで、宇宙船を設計し、打ち上げ、他の惑星の探索や、宇宙ステーションの建造など、宇宙開発を行うゲームです。物理エンジンを搭載しており、宇宙船の設計や、飛行計画が甘ければ、打ち上げで失敗したり、宇宙で遭難したり、スイングバイでスイングバイバイしたりと、波乱の結果が待っています。早期アクセス版は26.99ドルで販売中です。



TeacherGanmingは教育用Modとして『KerbalEdu』を開発、教育現場で使いやすいように『Kerbal Space Program』をカスタマイズするものとのこと。宇宙船のデザインなどを通じて、問題を解決する能力や、想像力を鍛えることができるように最適化されているようです。

教育機関向けに『KerbalEdu』の公式サイトを通じて、販売が開始しています。1ライセンスあたり17ドル、25ライセンスで350ドルと割安価格で提供されています。欧州と北米の教育機関で利用することができるようです。日本で利用できるかどうかは不明で、興味のある先生は問い合わせてみると良いかもしれません。

《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Valveのゲイブ・ニューウェルが米長者番付でトランプ大統領やスピルバーグ超え―純資産41億ドル

    Valveのゲイブ・ニューウェルが米長者番付でトランプ大統領やスピルバーグ超え―純資産41億ドル

  2. 任天堂、「ファイアーエムブレム Direct」を実施! スマホ向け最新作やシリーズ新情報も

    任天堂、「ファイアーエムブレム Direct」を実施! スマホ向け最新作やシリーズ新情報も

  3. 武骨サバイバル『Conan Exiles』PC版は完全Modサポート!

    武骨サバイバル『Conan Exiles』PC版は完全Modサポート!

  4. ゲーマーのツボを抑えた異色RPG『Evoland 2』が発表、旧作セールキャンペーンも実施中

  5. 【TGS 2016】ファミパンおじさんの正体など新情報ゾクゾク!『バイオハザード』ステージイベントレポ

  6. 海外産ターン制ロボアクション『DUAL GEAR』がクラウドファウンディング開始―カスタム要素も実装

  7. 世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に―中国が今年にも米国を逆転

  8. ゲイブ・ニューウェルがファンの質問に答える!海外掲示板でAMA実施へ

  9. PS4向け「プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット」発売日が決定、『アンチャ4』が3D音声対応に

  10. 『レインボーシックス シージ』SAT追加の新パッチ配信時間発表!日本語パッチノートも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top