町を疾走し破壊し続けるカオスなヤギゲー『Goat Simulator』がSteamでまさかのリリース決定、Workshopへ対応も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

町を疾走し破壊し続けるカオスなヤギゲー『Goat Simulator』がSteamでまさかのリリース決定、Workshopへ対応も

ニュース 最新ニュース

タワーディエンスFPS『Sanctum』の開発であるスウェーデンのCoffestain Studiosが今月頭にもプレイ映像を公開し、そのカオスなゲーム模様とSkypeの着信音が鳴るフザけた映像でゲーマー達の話題を大きく集めたヤギシミュレーター『Goat Simulator』。

実際に発売されるのかに関しては歯切れの悪い態度を見せていたCoffestainですが、YouTube上に公開した最新トレイラーにて『Goat Simulator』をSteam上でリリースすることになったと正式発表しました。

元は1ヶ月間という限られた期間でゲーム開発を行うゲームジャムセッションにて生まれた『Goat Simulator』は、物理演算のイカれたヤギを操作して平和な町の風景を出来る限り破壊していくという内容のアクションタイトル。「スケーターでは無くヤギ、技では無く衝突事故のスケートゲーム」というコンセプトのもと作り出されており、『Skate 3』などと比較するとバカゲー具合も含めプレイフィールがよく想像できます。

『Goat Simulator』は公式ブログにてトレイラーが公開され200万回以上の試聴を記録。ただのプロトタイプでは無く実際のゲームとしてリリースして欲しいという爆発的な願いを聞いたCoffestainはそれに押し切られる形で本格的な開発を今回決定した模様で、海外メディアEurogamerに対し「オーケイ、インターネットよ、君たちの勝利だ。『Goat Simulator』が我々の次なるIPとなるようだよ」とのコメントを残しています。



「小さく、ぶっ壊れていてバカげたゲーム」である『Goat Simulator』の公式サイトでは9.99ドルにて予約販売が開始されており、βアクセス権に加えSteam Keyの配布が予定されているとのこと。

ただしCoffestainは「マジで正直に言うと、10ドルでフラフープとかレンガ、あるいは本物のヤギでも買った方がいいよ」とも伝えており、プロトタイプにて生まれたネタゲームであることを改めて強調しています。実際にゲームボリュームはおよそ1時間ほどとなる模様で、Steam Workshopへの対応以外にはオープンワールド化や警察および新しい動物などの楽しげな新規要素を加える予定も無いようです。

10ドルで1時間ほどの大爆笑を提供するかもしれない『Goat Simulator』は、2014年春にPCへ向けリリース予定となっています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチリーグ」年間収益の1億ドル超見通し

    「オーバーウォッチリーグ」年間収益の1億ドル超見通し

  2. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

    【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  3. 豪州の『Outlast 2』審査問題、提出用素材に手違い

    豪州の『Outlast 2』審査問題、提出用素材に手違い

  4. 『Destiny 2』予告イメージが公開!―公式ツイート

  5. 『DARK SOULS III』第2弾DLCアクセス方法など「よくある質問」公開

  6. 『モンハン ダブルクロス』小嶋P&市原Dによるセミナー開催!開発過程やモンスターの誕生秘話を語る

  7. 名作RPG『Planescape: Torment』リマスター発表か―謎のティーザーサイト現る

  8. 『パラッパラッパー』サウンドトラックも復刻決定!当時の音源そのままに全44曲が収録

  9. 「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

  10. 『DARK SOULS III』アップデート1.11発表―新DLC対応や武器調整など

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top