“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

町を疾走し破壊し続けるカオスなヤギゲー『Goat Simulator』がSteamでまさかのリリース決定、Workshopへ対応も

February 12, 2014(Wed) 10:54 / by ishigenn

タワーディエンスFPS『Sanctum』の開発であるスウェーデンのCoffestain Studiosが今月頭にもプレイ映像を公開し、そのカオスなゲーム模様とSkypeの着信音が鳴るフザけた映像でゲーマー達の話題を大きく集めたヤギシミュレーター『Goat Simulator』。

実際に発売されるのかに関しては歯切れの悪い態度を見せていたCoffestainですが、YouTube上に公開した最新トレイラーにて『Goat Simulator』をSteam上でリリースすることになったと正式発表しました。

元は1ヶ月間という限られた期間でゲーム開発を行うゲームジャムセッションにて生まれた『Goat Simulator』は、物理演算のイカれたヤギを操作して平和な町の風景を出来る限り破壊していくという内容のアクションタイトル。「スケーターでは無くヤギ、技では無く衝突事故のスケートゲーム」というコンセプトのもと作り出されており、『Skate 3』などと比較するとバカゲー具合も含めプレイフィールがよく想像できます。

『Goat Simulator』は公式ブログにてトレイラーが公開され200万回以上の試聴を記録。ただのプロトタイプでは無く実際のゲームとしてリリースして欲しいという爆発的な願いを聞いたCoffestainはそれに押し切られる形で本格的な開発を今回決定した模様で、海外メディアEurogamerに対し「オーケイ、インターネットよ、君たちの勝利だ。『Goat Simulator』が我々の次なるIPとなるようだよ」とのコメントを残しています。



「小さく、ぶっ壊れていてバカげたゲーム」である『Goat Simulator』の公式サイトでは9.99ドルにて予約販売が開始されており、βアクセス権に加えSteam Keyの配布が予定されているとのこと。

ただしCoffestainは「マジで正直に言うと、10ドルでフラフープとかレンガ、あるいは本物のヤギでも買った方がいいよ」とも伝えており、プロトタイプにて生まれたネタゲームであることを改めて強調しています。実際にゲームボリュームはおよそ1時間ほどとなる模様で、Steam Workshopへの対応以外にはオープンワールド化や警察および新しい動物などの楽しげな新規要素を加える予定も無いようです。

10ドルで1時間ほどの大爆笑を提供するかもしれない『Goat Simulator』は、2014年春にPCへ向けリリース予定となっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

特集


評価の高いコメント

  • 2014年2月12日 12:17:09 ID: ji6+oHbSXyP1
    8 スパくんのお友達さん
    通報する

    5ドルくらいでいいと思うが
    10ドルくらいのが「こんなゲームに10ドルも払っちまった」って感じが出ていいかもしれない

  • 2014年2月12日 14:29:36 ID: wBb5DoW51sy8
    17 その他さん
    通報する

    因みに日本じゃペット用ヤギが7万から9万位で購入可能だ。
    それと、ヤギと遊べる動物園は入場料1000円くらいだ。それならずっとヤギで遊べるゲームを買った方がお買い得だな!

  • 2014年2月12日 12:35:09 ID: az6RD/wA9MMe
    10 スパくんのお友達さん
    通報する

    いつからシミュレータはバカゲーの意味になったのか
    買います

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

no image