『人喰いの大鷲トリコ』はまだ間違いなく製作中のタイトル、米ソニー幹部が現状を報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『人喰いの大鷲トリコ』はまだ間違いなく製作中のタイトル、米ソニー幹部が現状を報告

ニュース 最新ニュース

E3 2009での発表からおよそ5年、プロジェクトが確認されてから8年の月日が経過した『人喰いの大鷲トリコ』。同作の不透明な現状に関し米ソニーワールドワイドのソフトウェアプロダクト開発ヘッドScott Rohde氏が海外メディアのインタビューに応え、『大鷲トリコ』がまだ間違いなく製作中のタイトルであると現状を報告しました。

これは海外メディアIGNがRohde氏にインタビューを実施したもので、同氏は「君たちはこの答えでとても苛立つことになるだろうね」と前置き。その上で「だが100パーセント本当の真実で、我々は素晴らしいゲームを作りたいんだ。一般の人々が特定のゲームに興味を示した時、もちろんそれによって我々はそのゲームの完成に駆り立てられることとなる。だが我々はそれを素晴らしいものに作り上げることも迫られるんだ。もしゲームが素晴らしい出来でなければ、我々はそれを出荷したくはない」とコメントしました。

IGNの記者がいまだPS3向けタイトルであるのか、あるいはPS4向けへと移行したかという質問に対しては「プラットフォームがなんなのか、誰が働いているのか、誰が関与しているのかは発表するつもりは無い」と返答。一方で「だが同作はまだWorldwide Studiosで間違いなく作り合わせている際中(in the mix)のタイトルだ」と答え、まだ開発が継続していることを明言しています。

またRohde氏は個人的な見解として、「実際『人喰いの大鷲トリコ』に関して話すのは好きだ。まだ興味を持ってくれている人たちのことが大好きだよ。我々にとって名誉なことだ」とも伝え、『人喰いの大鷲トリコ』に対し最適なことが出来るよう挑戦し続けるとインタビューを終えています。

)

いまだ進捗が聞こえてこない『人喰いの大鷲トリコ(The Last Guardian)』。当初は2011年リリース予定であった同作は、同年4月に発売延期が発表。2012年には海外スタジオが開発に助力していることが明らかに、2013年には上田文人氏がSCEを退社しフリーランスとして同作の開発に携わるなどしています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 53 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 壮大スペースシム『Elite: Dangerous』PS4版が海外発表!PS4 Pro対応も

    壮大スペースシム『Elite: Dangerous』PS4版が海外発表!PS4 Pro対応も

  2. 『ポケモンGO』新ポケモンの登場が確定!

    『ポケモンGO』新ポケモンの登場が確定!

  3. Rockstarの学園ADV『Bully』モバイル版登場!国内Android/iOS向けに配信開始

    Rockstarの学園ADV『Bully』モバイル版登場!国内Android/iOS向けに配信開始

  4. 『FFXV』アプデのロードマップ公開―新イベント・強くてニューゲーム・キャラメイク等の追加要素を多数予定!

  5. 噂: 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応

  6. e-Sportsコメディ映画が制作決定―ウィル・フェレルが老いたプロプレイヤー演じる

  7. 「PS4」世界累計実売台数5,000万台突破―PS4タイトル実売は3億6,960万本に

  8. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

  9. 広大な宇宙を駆けるスペースコンバット『Elite: Dangerous』売上が140万本を達成!

  10. DMM、低価格4Kディスプレイを発表―50インチが約6万円

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top