ハードコアゲーマーのためのWebメディア

未完成ぶりに批判が噴出したサバイバルゲーム『Earth: Year 2066』Steamでの早期アクセスを一時中止【UPDATE】

ゲーム文化 インディーゲーム

未完成ぶりに批判が噴出したサバイバルゲーム『Earth: Year 2066』Steamでの早期アクセスを一時中止【UPDATE】
  • 未完成ぶりに批判が噴出したサバイバルゲーム『Earth: Year 2066』Steamでの早期アクセスを一時中止【UPDATE】
  • 未完成ぶりに批判が噴出したサバイバルゲーム『Earth: Year 2066』Steamでの早期アクセスを一時中止【UPDATE】
開発途上のゲームを購入し、そのゲーム性をいち早く体験できる早期アクセス販売。Steamにて4月17日より早期アクセスが開始されていたサバイバルゲーム『Earth: Year 2066』が、早期アクセスを中止し、払い戻しを行うことがValveより発表されました。

インディーデベロッパーKilling Day Studiosが開発する『Earth: Year 2066』は、黙示録的なSF世界を舞台にサバイバルを行うオープンワールドサバイバルゲーム。リアルなダメージ表現や、大規模なオープンワールド、カスタマイズ可能な武器や防具、ユニークなクラフトシステムなどを目指し開発が進められています。しかし、早期アクセスの時点では、限定的なサバイバルモードしか実装されておらず、それも不具合が多い状態だとして、購入したユーザーからは沢山の不満が漏れていました。


こうした状況を鑑み、Steamでは販売中止を決定。既に購入したユーザーへの払い戻しを行うと発表しています。
    Steamではデベロッパーが、機能、価格、出版物、プロモーションについて独自の意思決定を行います。しかしながら、ゲーム販売においてSteamはデベロッパーからの誠実さを求めています。私達は『Earth: Year 2066』を早期アクセスから削除しました。ゲームを購入したお客様は5月19日まで、ストアページにて払い戻しを受けることができます。払い戻しボタンがストアページに表示されていない場合は、アカウントページの「取引」からアクセスできます。

過去に様々な騒動を巻き起こし一時販売中止となった『Infestation(旧名 The War Z)』など、早期アクセスにはユーザー側のリスクが伴います。Steamでは沢山の早期アクセスが行われており、ユーザーが安心して利用するためにはもう少しシステムを整備する必要がありそうです。

UPDATE(2014/5/07 16:30)

どうやらこの『Earth: Year 2066』の販売中止は完成度以前の問題だったようです。Redditでは今まで行われていた悪行の数々が報告されており、ゲームイメージの他作品からの流用や、フォーラムでの批判コメントを編集/改ざん、友人に高評化をつけてもらうステルスマーケティング、更には他人が作ったトレイラーを使い『Project Earth』というタイトルでIndiegogoキャンペーンを実施したりと、散々な振る舞いを行っていたようです。販売停止は当然の処置と言ったところでしょうか。

このようなタイトルが実際にSteamで販売されてしまうケースは稀なものですが、早期アクセスやSteam Greenlightを悪用した極めて悪質な行為だと言えます。その辺りも含め、早期アクセスには様々なリスクがあることを再確認し、利用する必要がありそうです。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 35 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. まさに寝落ち!『オーバーウォッチ』でアナに眠らされ続けてサーバーから強制退場

    まさに寝落ち!『オーバーウォッチ』でアナに眠らされ続けてサーバーから強制退場

  2. 1850万ドル突破!『Dota 2』世界大会「The International 2016」賞金総額が過去最高に

    1850万ドル突破!『Dota 2』世界大会「The International 2016」賞金総額が過去最高に

  3. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

    実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  4. 海外美人レイヤーの『オーバーウォッチ』ロードホッグコスプレ―マコちゃん可愛い!

  5. ワンフェス16[夏]ゲーム関連フィギュアピックアップ―『ウィッチャー3』や『Dota 2』など

  6. 歴史的ゲーム機「NES」濃厚ファンブック「Playing With Power」海外で予約スタート

  7. 「BlizzCon 2016」バーチャルチケット発売、『オーバーウォッチ』グッズなど収録

  8. D.Vaがイッパイ!『オーバーウォッチ』コスプレイヤーがコミコン会場に集結

  9. 米動物園、実際の動物に『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成

  10. 『ワンダと巨像』風ACT『Prey for the Gods』Kickstarter初期目標達成―CS版も制作確定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top