ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: ドイツの大手PCゲーム誌WebサイトでCrytekの財政難が報道、倒産に直面しているとの言及も

ニュース

昨年11月にはXbox One向けの『Ryse: Son of Rome』をリリース、今年3月のGDCでは旗艦となるCryEngineのサブスクリプションモデルを発表するなど、ここ最近も大きな動きを見せているCrytek。現在同社が財政難に陥っており、倒産に直面しているとのニュースをドイツのゲーミングメディアGameStarが独自の情報筋より報じています。

GameStarはIDG Entertainment Mediaがドイツやハンガリーなど欧州を中心に展開しているPCゲーム向けのゲーミング雑誌で、2008年には平均で月25万冊を販売。2013年には新作『SimCity』の開発を先んじて発表したことでも注目を浴びたメディア。今回の情報はこのGameStarのWebサイトにて伝えられたもので、6人の情報提供者らがCrytekは財政難に陥っており、倒産する可能性もあるかもしれないと指摘しています。

WebサイトDSOGamingなどでは今回の記事をさらに詳細に伝えており、今年3月に発表されたCryEngineのサブスクリプションモデルの反応がGDCでは悪く、予想以上に売り上げが伸びなかった点。また『Ryse: Son of Rome』がスタジオに壊滅的打撃を与え、セールスが目標には到達しなかった点。同社のF2Pタイトル『Warface』がロシアの市場以外で成長を見せず、ほかのF2Pタイトルの試みも順調に進んでいない点。WebベースゲーミングサービスG-Faceが不調である点をGameStarは財政難の理由として報じています。

またCrytekに800人以上の従業員が存在することを挙げたGameStarは、給与の支払い遅延があり、すでにリード格の従業員が国内外の他スタジオへと移籍をスタートしているとも報道。Wargaming含む多くの巨大パブリッシャーがCrytekが倒産し同社のスタッフやIPを買い取ることを見据えているとも伝えました。

件のCrytekを設立したYerli3兄弟の1人であるAvni Yerli氏はGameStarに対し、Crytekに対する現金注入の契約がもうすぐ結ばれることを伝えたほか、これらの噂が同社に不満を持つ元従業員たちがCrytekのイメージを落とすため劇化した話であると反論。「全てが上手くはいっていない。F2Pスタジオへの移行は痛みなしでは行われなかった。だがそれももう過去のことだ」と締めくくっています。

現在は2014年に発売予定の『Hunt: Horrors of the Gilded Age』や2015年にリリースされる『Homefront: The Revolution』を開発中のCrytek。同社のCryEngineは大手からインディーまで多数のデベロッパーが採用しています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 68 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 自動車企業フォード特約店、インディーゲーム画像を盗用か―本社は関連を否定

    自動車企業フォード特約店、インディーゲーム画像を盗用か―本社は関連を否定

  2. ハリウッド映画版『マインクラフト』海外で2019年5月に公開決定!

    ハリウッド映画版『マインクラフト』海外で2019年5月に公開決定!

  3. F2PメックFPS『Hawken』のPS4版がとうとう海外配信日決定

    F2PメックFPS『Hawken』のPS4版がとうとう海外配信日決定

  4. 『ストV』M・バイソン参戦海外向けトレイラー!ジュリ&ユリアンの姿も

  5. 『DOOM』2週連続首位!Wii U『#FE』も―6月19日~25日のUKチャート

  6. 非対称マルチプレイサバイバルホラー『Dead by Daylight』が発表―殺人鬼vs4人の男女

  7. 『FIFA 17』に「J1リーグ全18クラブ」フル収録―日本人選手がFrostbiteで描かれる!

  8. 『E3 2016現地レポート』TOP20―小島監督『バイオ7』『BF1』『Days Gone』他

  9. 狂気の話題作『Year Of The Ladybug』初のトレイラーまもなく公開

  10. Steam夏の大型セール「サマーピクニックセール」がスタート!

アクセスランキングをもっと見る

page top