ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Destiny』は「CoD」や「BF」を超え今年最も売れるタイトルになる、アナリストが予約データから分析

ニュース ゲーム業界

今夏スタートのベータテストと2014年9月9日の正式ローンチが徐々に近づきつつあるBungieの新作オンラインシューター『Destiny』。すでに予約販売が開始されている中、その予約データを元に海外アナリストが分析を進め、同作の販売本数が1,000万本から1,500万本規模になり、また今年最大の売り上げを記録するゲームとなる可能性があると伝えました。

海外メディアVentureBeatを通して今回の分析結果を伝えたCowen Reserch社のアナリストDoug Creutz氏は、『Destiny』が1,000万本から1,500万本をセールスし、6億ドルから9億ドルの売り上げを挙げることになるだろうとコメント。年内に目を向けると、今年最も売れたゲームタイトルになる可能性があると主張しています。

この分析はCowen Reserch社の米国内におけるビデオゲームの予約数とローンチ後の販売本数の因果関係を追跡する「オドメーター」により調査されたもので、同メーターには過去6年間のAmazonにおける売り上げ上位記録やNPDの物理リテール版セールスがインプットされています。Cowen氏によれば、『Destiny』はオドメーターで過去4年間調べたゲームタイトル――今年末に控える『Call of Duty: Advanced Warfare』や『Battlefield Hardline』を含む――において最も高い数値を叩き出しているとのことです。

ただしCowen氏は『CoD: Balck Ops 2』が2012年の予約本数が少なかったものの後にシリーズ最高の売り上げを樹立したことに触れ、今後『Advanced Warfare』も同様のセールスを記録する可能性が残されているとコメント。一方で『Battlefield Hardline』に関しては『Battlefield 3』や『Battlefield 4』と比較して非常に低いスコアを記録しており、大袈裟に言えば2012年に発売された『Medal of Honor: Warfighter』と同じラインを辿っていると説明しています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 69 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

    『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  2. PS4「Ustream」サポートが終了へ―ゲーム配信/視聴が不可に

    PS4「Ustream」サポートが終了へ―ゲーム配信/視聴が不可に

  3. G2A、デベロッパーにロイヤリティを支払うサポート体制を発表―最大で10%の利益

    G2A、デベロッパーにロイヤリティを支払うサポート体制を発表―最大で10%の利益

  4. ソニー、2017年度ゲーム部門業績見通しを上方修正―PS Plus会員は2,000万人突破

  5. PSNで本名の「ジハード」をアカウント名に使っていたゲーマーがBAN―世界情勢の変化がもたらした災難

  6. 非対称マルチプレイサバイバルホラー『Dead by Daylight』が発表―殺人鬼vs4人の男女

  7. ハリウッド映画版『マインクラフト』海外で2019年5月に公開決定!

  8. モリニュー氏手がける『Godus』のリードデザイナーが離脱―開発停止が囁かれるも22cansは否定

  9. 『E3 2016現地レポート』TOP20―小島監督『バイオ7』『BF1』『Days Gone』他

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

page top