『Destiny』は「CoD」や「BF」を超え今年最も売れるタイトルになる、アナリストが予約データから分析 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Destiny』は「CoD」や「BF」を超え今年最も売れるタイトルになる、アナリストが予約データから分析

ニュース ゲーム業界

今夏スタートのベータテストと2014年9月9日の正式ローンチが徐々に近づきつつあるBungieの新作オンラインシューター『Destiny』。すでに予約販売が開始されている中、その予約データを元に海外アナリストが分析を進め、同作の販売本数が1,000万本から1,500万本規模になり、また今年最大の売り上げを記録するゲームとなる可能性があると伝えました。

海外メディアVentureBeatを通して今回の分析結果を伝えたCowen Reserch社のアナリストDoug Creutz氏は、『Destiny』が1,000万本から1,500万本をセールスし、6億ドルから9億ドルの売り上げを挙げることになるだろうとコメント。年内に目を向けると、今年最も売れたゲームタイトルになる可能性があると主張しています。

この分析はCowen Reserch社の米国内におけるビデオゲームの予約数とローンチ後の販売本数の因果関係を追跡する「オドメーター」により調査されたもので、同メーターには過去6年間のAmazonにおける売り上げ上位記録やNPDの物理リテール版セールスがインプットされています。Cowen氏によれば、『Destiny』はオドメーターで過去4年間調べたゲームタイトル――今年末に控える『Call of Duty: Advanced Warfare』や『Battlefield Hardline』を含む――において最も高い数値を叩き出しているとのことです。

ただしCowen氏は『CoD: Balck Ops 2』が2012年の予約本数が少なかったものの後にシリーズ最高の売り上げを樹立したことに触れ、今後『Advanced Warfare』も同様のセールスを記録する可能性が残されているとコメント。一方で『Battlefield Hardline』に関しては『Battlefield 3』や『Battlefield 4』と比較して非常に低いスコアを記録しており、大袈裟に言えば2012年に発売された『Medal of Honor: Warfighter』と同じラインを辿っていると説明しています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 69 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. HD版『シェンムー』実現の可能性!?―欧州セガが「ShenmueHD.com」ドメインを取得

    HD版『シェンムー』実現の可能性!?―欧州セガが「ShenmueHD.com」ドメインを取得

  3. GOTYは『オーバーウォッチ』に! 第20回「D.I.C.E. Award」受賞作品リスト

    GOTYは『オーバーウォッチ』に! 第20回「D.I.C.E. Award」受賞作品リスト

  4. 『バイオショック』Irrational GamesがGhost Story Gamesへ改名、新作準備中

  5. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  6. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』特設サイトでゲーム内報酬をGET!

  7. 豪州にてSteam販売価格に消費税導入、日本でも3月から開始か

  8. 『FF15』限定特典スピンオフ「A King’s Tale: Final Fantasy XV」海外で無料配信へ

  9. 『Horizon Zero Dawn』PS4とPS4 Proの比較映像―より立体的に描写されている!

  10. 『レインボーシックス シージ』不具合修正のパッチ2.1.1が配信決定【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top