ゲーム業界が今年費やしたTV広告費はすでに2億2650万ドルを突破。PSは5900万ドル、Xboxは3470万ドルに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲーム業界が今年費やしたTV広告費はすでに2億2650万ドルを突破。PSは5900万ドル、Xboxは3470万ドルに

ニュース ゲーム業界


昨年からPS4やXbox Oneといった次世代機が展開され、それに伴いプロモーションも増加しているゲーム業界。海外のTV広告リサーチ企業iSpot.tvが2014年の5ヶ月間におよぶ調査情報を公開し、すでにビデオゲーム業界全体で米国のTVコマーシャルに2億2,650万ドルが支払われたとのデータを明らかにしました。

2014年に入ってからすでにソニーのPlayStationとMicrosoftのXbox関連はそれぞれ8本のTV広告が登場。ソニーは2014年5月の終わり時点までで5,900万ドルを費やしており、対してMicrosoftは3,470万ドルとなっています。


iSpot.tvの調査によれば、PlayStationにて最も効果の高かったTVコマーシャルは「Greatness Awaits」で、公開された3月から900万ドルを費やし1,058回放映されたとのこと。インターネット上では2,500万回視聴され、ツイートやいいねといったソーシャルアクションは1万7,000回を超える見通し。なおPlayStation全体のブランドでは今年に入って740万回のデジタルアクションが行われ、同カテゴリでは全体の19パーセントを占めることが明らかにされています。


一方でXboxプラットフォームにて最も効果的だったとされるTVコマーシャルは「All-in-One」。こちらは今年1月から同国内で1,300回放映。広告費は1,210万ドルとなっており、6,000回のソーシャルアクションが行われたとされています。iSpot.tvの調査では、Xboxブランド自体では220万回のデジタルアクションが行われ、同カテゴリでは全体の2パーセントを占めているとのことです。

なおiSportは2013年度のTV広告費に関する調査データにも触れており、昨年度はXboxが7,360万ドルを支払いトップ。『Call of Duty』有するActivision、PlayStation、そして任天堂がそれに続くという結果を明らかにしています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 45 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 新バトルモード紹介も?『オーバーウォッチ』中国向け動画広告らしき映像が公開

    新バトルモード紹介も?『オーバーウォッチ』中国向け動画広告らしき映像が公開

  2. なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

    なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

  3. 「女性ゲーマーが好むジャンル」海外調査結果―1位は農業シムなど

    「女性ゲーマーが好むジャンル」海外調査結果―1位は農業シムなど

  4. 【TGS 2016】ファミパンおじさんの正体など新情報ゾクゾク!『バイオハザード』ステージイベントレポ

  5. フロム・ソフトウェアが『アーマード・コア』新作の一部報道に回答

  6. ハリウッド映画版『ディビジョン』正式発表!ジェイク・ジレンホールがあの人気女優と

  7. 最恐ホラー『P.T.』が登場から1周年を迎える―意思を受け継ぐ注目作品&パロディ映像紹介

  8. PC版『バイオハザード 7』の推奨/最低環境が公開―推奨はGTX 960以上に

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top