ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲーム業界が今年費やしたTV広告費はすでに2億2650万ドルを突破。PSは5900万ドル、Xboxは3470万ドルに

ニュース ゲーム業界


昨年からPS4やXbox Oneといった次世代機が展開され、それに伴いプロモーションも増加しているゲーム業界。海外のTV広告リサーチ企業iSpot.tvが2014年の5ヶ月間におよぶ調査情報を公開し、すでにビデオゲーム業界全体で米国のTVコマーシャルに2億2,650万ドルが支払われたとのデータを明らかにしました。

2014年に入ってからすでにソニーのPlayStationとMicrosoftのXbox関連はそれぞれ8本のTV広告が登場。ソニーは2014年5月の終わり時点までで5,900万ドルを費やしており、対してMicrosoftは3,470万ドルとなっています。


iSpot.tvの調査によれば、PlayStationにて最も効果の高かったTVコマーシャルは「Greatness Awaits」で、公開された3月から900万ドルを費やし1,058回放映されたとのこと。インターネット上では2,500万回視聴され、ツイートやいいねといったソーシャルアクションは1万7,000回を超える見通し。なおPlayStation全体のブランドでは今年に入って740万回のデジタルアクションが行われ、同カテゴリでは全体の19パーセントを占めることが明らかにされています。


一方でXboxプラットフォームにて最も効果的だったとされるTVコマーシャルは「All-in-One」。こちらは今年1月から同国内で1,300回放映。広告費は1,210万ドルとなっており、6,000回のソーシャルアクションが行われたとされています。iSpot.tvの調査では、Xboxブランド自体では220万回のデジタルアクションが行われ、同カテゴリでは全体の2パーセントを占めているとのことです。

なおiSportは2013年度のTV広告費に関する調査データにも触れており、昨年度はXboxが7,360万ドルを支払いトップ。『Call of Duty』有するActivision、PlayStation、そして任天堂がそれに続くという結果を明らかにしています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 45 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

    F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

  2. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  3. 『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

    『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

  4. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  5. 【GC 2016】名匠ケン・レヴィンが贈る珠玉の三部作、『バイオショック コレクション』体験レポート

  6. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. Battle.netにFacebook連携のゲーム配信機能「ブリザードストリーミング」が実装!

  9. PS4/Xbox One向け『Fallout 4』追加DLC第5弾「Vault-Tec Workshop」国内配信日決定!

  10. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top