ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲーム業界が今年費やしたTV広告費はすでに2億2650万ドルを突破。PSは5900万ドル、Xboxは3470万ドルに

ニュース ゲーム業界


昨年からPS4やXbox Oneといった次世代機が展開され、それに伴いプロモーションも増加しているゲーム業界。海外のTV広告リサーチ企業iSpot.tvが2014年の5ヶ月間におよぶ調査情報を公開し、すでにビデオゲーム業界全体で米国のTVコマーシャルに2億2,650万ドルが支払われたとのデータを明らかにしました。

2014年に入ってからすでにソニーのPlayStationとMicrosoftのXbox関連はそれぞれ8本のTV広告が登場。ソニーは2014年5月の終わり時点までで5,900万ドルを費やしており、対してMicrosoftは3,470万ドルとなっています。


iSpot.tvの調査によれば、PlayStationにて最も効果の高かったTVコマーシャルは「Greatness Awaits」で、公開された3月から900万ドルを費やし1,058回放映されたとのこと。インターネット上では2,500万回視聴され、ツイートやいいねといったソーシャルアクションは1万7,000回を超える見通し。なおPlayStation全体のブランドでは今年に入って740万回のデジタルアクションが行われ、同カテゴリでは全体の19パーセントを占めることが明らかにされています。


一方でXboxプラットフォームにて最も効果的だったとされるTVコマーシャルは「All-in-One」。こちらは今年1月から同国内で1,300回放映。広告費は1,210万ドルとなっており、6,000回のソーシャルアクションが行われたとされています。iSpot.tvの調査では、Xboxブランド自体では220万回のデジタルアクションが行われ、同カテゴリでは全体の2パーセントを占めているとのことです。

なおiSportは2013年度のTV広告費に関する調査データにも触れており、昨年度はXboxが7,360万ドルを支払いトップ。『Call of Duty』有するActivision、PlayStation、そして任天堂がそれに続くという結果を明らかにしています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 45 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. PS4「Ustream」サポートが終了へ―ゲーム配信/視聴が不可に

    PS4「Ustream」サポートが終了へ―ゲーム配信/視聴が不可に

  2. G2A、デベロッパーにロイヤリティを支払うサポート体制を発表―最大で10%の利益

    G2A、デベロッパーにロイヤリティを支払うサポート体制を発表―最大で10%の利益

  3. PSNで本名の「ジハード」をアカウント名に使っていたゲーマーがBAN―世界情勢の変化がもたらした災難

    PSNで本名の「ジハード」をアカウント名に使っていたゲーマーがBAN―世界情勢の変化がもたらした災難

  4. モリニュー氏手がける『Godus』のリードデザイナーが離脱―開発停止が囁かれるも22cansは否定

  5. 『E3 2016現地レポート』TOP20―小島監督『バイオ7』『BF1』『Days Gone』他

  6. 『Batman: Return to Arkham』海外発売が延期―新たな発売日も未定に

  7. ハリウッド映画版『マインクラフト』海外で2019年5月に公開決定!

  8. 『ストV』M・バイソン参戦海外向けトレイラー!ジュリ&ユリアンの姿も

  9. 非対称マルチプレイサバイバルホラー『Dead by Daylight』が発表―殺人鬼vs4人の男女

  10. F2PメックFPS『Hawken』のPS4版がとうとう海外配信日決定

アクセスランキングをもっと見る

page top