“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

冷戦RTS『Wargame: Red Dragon』が売り上げ100万本を達成― 記念に無料DLCが配布

July 25, 2014(Fri) 19:44 / by G.Suzuki



Eugen Systemsは、冷戦時代における軍事的衝突をテーマにしたRTS『Wargame Red Dragon』の売り上げが100万本を達成したことを発表しました。これを記念して、無料DLC「The Millionth Mile」を配信しています。

無料DLC「The Millionth Mile」は、『Wargame: Red Dragon』で最初のDLCです。ソビエト連邦や東ドイツといった共産国陣営に、60以上の新ユニットを追加するものとなっています。またパッチも同時に配信され、更新履歴は公式フォーラムに掲載中です。


チェコ・スロバキア陣営に追加されたMiG-29 9-12A

本作は、舞台を前作『Wargame: Airland Battle』のヨーロッパから1970-1990年代初頭のアジアに移したRTSです。追加勢力は、中国、日本、ANZAC(ニュージーランドとオーストラリアの合同軍事組織)、韓国、北朝鮮の5つ。新たに海戦が実装され、日本のこんごう型護衛艦やソ連のウダロイII型駆逐艦など東西の海軍艦艇が登場します。日本のユニットでは、90式戦車を筆頭に、支援戦闘機F-1、はつゆき型護衛艦、空挺団など多くの歩兵や車両、航空機、艦艇などがあります。また公式で日本語も実装されているタイトルです。


今年3月に公開された海軍トレイラー


『Wargame: Red Dragon』ゲーム内容紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

  • 2014年7月25日 20:08:42 ID: wPQSSiV2x1LZ
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    PCゲー終わったとか言ってた人たちもう全滅しちゃったな

  • 2014年7月25日 23:06:00 ID: KJQYjgbf1nNr
    7 スパくんのお友達さん
    通報する

    前作やったけど途中で投げた俺には無理かな
    でも自衛隊は使いたいしなー

  • 2014年7月25日 20:58:32 ID: YfhYnJ4+bHhK
    5 スパくんのお友達さん
    通報する

    こないだセールで買ったけどまだ未プレイ、それにしても太っ腹
    >>4
    ゲームじゃなくてリアルの話ならコストダウンはしとらん
    ライセンス生産のせいで、むしろ価格はずっと高くなってる
    アメリカが輸出を認めずやむなく国産になった部分もあれば、平和憲法との兼ね合いで自らオミットした部分もある
    ま、後でちゃっかり復活させたりしてるけどな

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

no image