SCEがPS4向けEA Access展開を拒否「PSユーザーが期待する価値を持っていないため」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCEがPS4向けEA Access展開を拒否「PSユーザーが期待する価値を持っていないため」

ニュース ゲーム業界

先日、Electronic ArtsがXbox One向けに発表した月額4.99ドルのEAタイトル遊び放題サービス「EA Access」。SCEがPS4へのサービス展開を拒否したことが明らかとなりました。

これは海外メディアGame Informerが、EA AccessのPS4展開に関してメールでSCEに確認を取ったことで判明したものです。それによるとSCEは、EA Accessのサブスクリプションを評価した際「PSユーザーが期待する価値を持っていない」という判断を行ったと説明しています。

さらに、PS Plus会員はPS4が発売してから200%増加したことに言及。これはゲーマーが複数のデバイスに様々なサービスを提供する1つの低価格なサービスを探していることであり、「EAタイトルに特化した月額5ドルを支払うプログラムは、PSユーザーにとって良い価値をもたらすとは思えない」と答えています。

北米でPS Plusは月額9.99ドル(年間49.99ドル)で展開しており、人気タイトルの割引やフリープレイを実施しています。8月のPS Plusメンバー向けフリーゲームラインナップはCrytekの『Crysis 3』やヴァニラウェアの『Dragon's Crown』など人気タイトルが目白押しです。過去にはIrrational Gamesの『BioShock Infinite』なども北米PS Plusメンバー向けに配布されたこともありました。

EA Accessは、月額4.99ドル(年間30ドル)で『Battlefield 4』など複数タイトルへのアクセスや、他のEAタイトルの割引などが盛り込まれています。国内でPS Plusは月額476円+税(年間4762円+税)でフリープレイタイトルも北米と異なっているため、単純な比較を行うことは難しいです。EA Accessが今後どのように展開をするのか、Electronic Artsの動向に注目です。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 57 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

    「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

  2. 噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か

    噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か

  3. 『Destiny 2』は近日発表される―リーク受け海外記者がツイート

    『Destiny 2』は近日発表される―リーク受け海外記者がツイート

  4. 『DARK SOULS III』アップデート1.11発表―新DLC対応や武器調整など

  5. 『DARK SOULS III』次期アップデート早くも発表―DLCのシステム追加対応など

  6. 『Outlast 2』豪州での発禁が撤回、「18+」で発売へ

  7. Steam版『ニーア オートマタ』ストアページ公開―2Bの後頭部にあのバルブが!

  8. WRC公式ラリーゲーム『WRC 6』国内PS4向けに発売決定!日本語版特典も

  9. 噂: 『Red Dead Redemption 2』商品情報が海外小売店に掲載

  10. 『ドラゴンクエストXI』 発売日発表会が4月実施決定!JOY/本田翼も出演

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top