ボードゲーム版『XCOM』が発表― 1~4人参加の協力型タイトルでコンパニオンアプリと連携 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ボードゲーム版『XCOM』が発表― 1~4人参加の協力型タイトルでコンパニオンアプリと連携

ニュース 発表

ボードゲーム版『XCOM』が発表― 1~4人参加の協力型タイトルでコンパニオンアプリと連携
  • ボードゲーム版『XCOM』が発表― 1~4人参加の協力型タイトルでコンパニオンアプリと連携
  • ボードゲーム版『XCOM』が発表― 1~4人参加の協力型タイトルでコンパニオンアプリと連携

Fantasy Flight Gamesは、協力型ボードゲーム『XCOM: The Board Game』を発表しました。

この『XCOM: The Board Game』は、未知なるエイリアンの侵略から地球を防衛する、参加人数1~4人で1プレイ1~2時間のボードゲームです。無料のデジタルコンパニオンアプリが必要になります。プレイヤーは、予算などを管理するCommander、エイリアンの技術などを研究するChief Scientist、情報を管理するCentral Officer、現地で兵士を展開するSquad Leaderの4つの部署を担当して、エイリアンを撃退するものとなっています。



本作の特徴的な要素としてスマートフォンやタブレット端末などを利用する、無料コンパニオンアプリとの連携があります。このアプリは5つの異なるエイリアンの侵攻計画をランダムに選び出す機能を持ち、難易度はイージー、ノーマル、ハードの3つから選択可能です。

内容物はゲームボード1枚、XCOM兵士16体、8個のインターセプター、24個のUFO、5つのカスタムダイス、200以上のカードとトークンです。価格は59.95ドルで、2014年Q4発売予定です。

なお同社はボードゲームの『Sid Meier's Civilization: The Board Game(シドマイヤーズ シヴィライゼーション: ボードゲーム)』を発売しています。国内ではホビージャパンから日本語版が販売されており、本体と拡張『富と名声』と『叡智と闘争』がリリースされています。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ファイプロ』復活か!? スパイク・チュンソフトが「謎のサイト」をオープン―GDCでの発表を示唆

    『ファイプロ』復活か!? スパイク・チュンソフトが「謎のサイト」をオープン―GDCでの発表を示唆

  2. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

    『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  3. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』特設サイトでゲーム内報酬をGET!

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』特設サイトでゲーム内報酬をGET!

  4. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  5. 『オーバーウォッチ』24人目のヒーローは11歳の天才少女?公式ブログにて新情報【UPDATE】

  6. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  7. 深層Webで見つかった謎のホラーゲーム『Sad Satan』―作者や制作意図は一切不明

  8. 最恐ホラー『P.T.』が登場から1周年を迎える―意思を受け継ぐ注目作品&パロディ映像紹介

  9. GOTYは『オーバーウォッチ』に! 第20回「D.I.C.E. Award」受賞作品リスト

  10. オープンワールド狩猟ゲーム『theHunter: Call of the Wild』発表!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top