ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『アスタブリード』他、5つの国内タイトルが出展!「G-Tune × インディーズゲーム」レポート

『アスタブリード』他、5つの国内タイトルが出展!「G-Tune × インディーズゲーム」レポート

October 06, 2014(Mon) 15:12 / by shinimai



先日10月4日、e-sports SQUARE AKIHABARAにてマウスコンピューターの主催による「裏・顔TV! G-Tune × インディーズゲーム」が行われました。

マウスコンピューターのゲーマー向けブランドG-Tuneはこれまで幅広いクリエイターを応援してきました。ゲーム開発やeSPORTSといったゲームカルチャーはもちろん、今回ゲストとして出演したゲーム配信者やグラビアアイドルに対する支援も行っています。今後はこのようなイベント開催によってインディーゲームを積極的に盛り上げていくそうです。



イベントは12時から開場。入場無料でフリードリンクという非常に気軽に足を運べるものです。18時から始まるニコニコ生放送までは、自由に展示されたインディーゲームが遊ぶことができました。ここでは出展された5つのインディーゲームを紹介します。


『水没都市~シマダシステム~』 by ゲーム菩薩グループ



『水没都市~シマダシステム~』はクラウドファンディングで話題を集めた『モンケン』のスタッフによる新しい作品です。メンバーはデザイナーの飯田和敏氏、サウンドの中村隆之氏、イラストレーターの納口龍司氏に加え、プログラマーとして島田卓也氏の4名。TGS2014のインディーゲームコーナーにも出展され、Game*Sparkでもとりあげました。

本作はOSM(OpenStreetMap)という技術を活かした海底都市探索ゲームです。OSMとはオープンソースの地図データベースを元に、現実の都市の3Dモデルを構築するシステムです。プレイヤーはOculus Riftとヘッドホンを装着して、水没した都市の中を探索します。



TGSでは新宿が再現されましたが、今回はニューヨークのデータを利用して海に沈んだ摩天楼を散策できました。ゲーム内容はランダムで海底に配置されたボールを探索するという単純なもの。しかしながら、Oculus Riftによって表現される海中の雰囲気は独特な味わいがあり、開発途中の段階でも十分に楽しめました。

Oculus Riftを体験できるゲームとあって、会場ではひときわ人気がありました。小さな子供がプレイしている姿も見かけられ、会場を和ませていました。またイベントに出演したグラビアアイドルの倉持由香さんと吉田早希さんも挑戦。Oculus Riftに対するリアクションに定評がある吉田早希さんは海中散歩を存分に満喫していました。


『巫剣神威控』 by ZENITH BLUE



『巫剣神威控』は2013年にリリースされたアクションゲームです。黒髪ポニーテールの女子高生が日本刀を持って乱舞する姿は同人ゲーム界隈でも話題になり、Steamのレビューでもパンチラへの言及とともに「非常に肯定的」に受け入れられました。

今回の出展では50コンボ達成でグッズがもらえるというチャレンジが行われました。筆者も挑戦しましたが、敵からの攻撃を受けない限り、コンボのカウンターは加算されるため、あっさりと達成。格闘と斬撃攻撃を適当に押しているだけでもスタイリッシュなアクションが繰り出されるので、操作が苦手なプレイヤーでも簡単に楽しめます。



ZENITH BLUEでは現在、2.5D横スクロールアクションゲーム『SkyLens』を開発中です。日本刀を持った女子高生に対する強い思い入れから制作された前作だけに、新作にどういった要素がフィーチャーされるか楽しみです。また『巫剣神威控』のPS4への移植も決定しています。


『アスタブリード』 by えーでるわいす



『アスタブリード』は視点が自在に変化していくアクションシューティングゲームです。グラフィックス、サウンド、エフェクト、演出、そのすべてにおいて圧倒的なクオリティを魅せつけ、同人ゲームという枠を超えて評価された作品です。2013年の冬のコミックマーケットでリリースされ、今年にPlayismやSteamからも発売されました。

海外レビューサイトにおいても高く評価され、Steamのレビューも「非常に肯定的」。開発スタッフのなる氏が「初心者向けに作りたかった」と語るとおり、シューティングに馴染みのないプレイヤーでもロボットアニメのような熱い戦いが楽しめます。



会場では1、2ステージのスコアアタックが開催されていました。1位の方にはマウスコンピューター製の144hzモニタが当たるという太っ腹な企画でした。初めて触るプレイヤーも多い中、ノーマルをノーコンティニュークリアしている筆者は大人げなくガチで参加しました。一度はスコアランキングトップに名を連ねたものの、後半にはあっさりと抜かれてしまいました。



本作はPS4版の開発が決定しており、現在は移植作業に追われているそうです。なる氏によれば、PS版には特別なアレンジモードを予定しているそうです。すでにプレイした方も初めての方にもオススメのゲームになりそうです。


『マジカルバトルアリーナNEXT・幻想郷空閃姫』 by 領域ZERO



領域ZEROは3D対戦アクションゲームで実績のある同人サークルです。Playismでも配信されている『マジカルバトルフェスタ』、PS4での配信が決定した『東方スカイアリーナ祭』などを開発・サポート、今回は最新作の『マジカルバトルアリーナNEXT・幻想郷空閃姫』が出展されました。

本作は東方Projectのキャラクターが登場する空中戦の対戦アクションゲームです。2対2の形式で仲間と連携を取りながら敵チームを打ちのめします。操作方法は近接攻撃、遠隔攻撃、ステップによる回避、ダッシュ、ガード、一時的なキャラ強化のシンクロドライブ、さらに仲間との連携技から必殺技まで盛りだくさん。Xbox360コントローラーのボタンをフルに使用する複雑なものです。



しかしながら、ソロプレイ用のアーケードモードや丁寧なチュートリアルが付いているため、少しずつ慣れていくことができます。さらにオンライン協力・対戦プレイが楽しめます。東方Projectのキャラクターモデルも非常に生き生きとしており、ビジュアルもハイクオリティの作り込みです。

スタッフによれば、まだまだオンラインで対戦している人口は前作の『東方スカイアリーナ祭』の方が多いそうです。本作では今後はキャラクターを追加した拡張パックを予定しており、最終的には東方Projectと魔法少女のキャラクターが対戦するという内容になるそうです。


『EF-12』 by Quad Arrow



『EF-12』はGame*Sparkでも取り上げた3D格闘ゲーム作成ツールです。無料配布でありながらも、自由にキャラクターやAIを作成、カスタマイズできるのが特徴です。2012年のリリース後、Steam Greenlightを通過、様々なイベントにも出展され、ユーザーも少しずつ広がってきました。

今回は最新版が展示され、自由に対戦が楽しめました。デフォルトのキャラクターに加えて、ユーザーが制作した寿司やカニ、怪獣といったボスキャラも追加されています。色物的なキャラクターが増えすぎているのではないかと少々、不安になりますが、これもインディーならでは楽しさ。グラビアイドルの倉持由香さんと吉田早希さんも対戦を楽しみ、寿司が出すレーザーに大喜びしていました。

イベント後半では『EF-12』を使用した対戦会が行われました。格闘ゲームプレイヤー総師範KSK氏と会場の参加者が対戦するという内容です。KSK氏はボスキャラの寿司を使用するという大人げない選択に出ましたが、参加者には勝ち負け関係なく、G-Tuneのマウスパッドがプレゼントされました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集


評価の高いコメント

  • 2014年10月6日 17:00:55 ID: 0I4HQTNG2i/R
    8 スパくんのお友達さん
    通報する

    左のおっぱいしか見てませんでした。

  • 2014年10月6日 16:44:43 ID: 8229UIWKvzYA
    7 スパくんのお友達さん
    通報する

    アスタブリードはSTGゲーマーからは結構高評化を得ているよ
    既に陽の目を見ているゲームじゃなくてもっとニッチな作品紹介してやった方がインディーゲームの為にはいい気がする
    あとこの放送見てたけどプレイしてもらう女の子があざとくて喘ぎ声うるさくて見てられなかったね
    あんなので集客しようっていう感じの日本の業界ほんと恥ずかしい
    海外の方が和風のゲーム作ったりしてるしなんだかなぁ

  • 2014年10月6日 15:32:52 ID: ILgOws2d3BBo
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    最後の写真のせいでおっぱいしか印象に残らなかった。

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

no image