サムスのamiiboでモスクワ地下鉄改札が通れた? 海外ネットユーザーの間で飛び交う噂の真相は… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

サムスのamiiboでモスクワ地下鉄改札が通れた? 海外ネットユーザーの間で飛び交う噂の真相は…

ゲーム文化 カルチャー

サムスのamiiboでモスクワ地下鉄改札が通れた? 海外ネットユーザーの間で飛び交う噂の真相は…
  • サムスのamiiboでモスクワ地下鉄改札が通れた? 海外ネットユーザーの間で飛び交う噂の真相は…
任天堂が今月より海外で先行発売しているゲームと連動したフィギュア「amiibo(アミーボ)」。その「サムス」フィギュアを使ってモスクワの地下鉄改札機が通れたという、あやしい噂が欧米ネットユーザーの間で飛び交っているようです。

噂の発端となったのはInstagramに投稿された動画。ロシア・モスクワの地下鉄改札読み取り機にユーザーがサムスのamiiboをかざすと、確かに緑のランプが点灯しているのが分かります。



ネットユーザーの間では、「任天堂がロシアのインフラ構造を乗っ取ろうとしてる!」「プーチンは既に認証済み」「METROIDか」などと、なかば冗談めいた驚きのが声があがると共に、各方面から真偽の解析が進められている状況。

あるユーザーの指摘によると、モスクワの地下鉄改札機は、通常ゲートが開いていて、パスや切符を読み取り機にタッチしないとゲートが途中で閉じて通過できない仕組みになっているのだとか。動画では撮影者がロシア語で「開かない」と発言しているとの分析もあり、amiiboに備わるNFCが反応してランプだけは緑に点灯するものの、ゲート自体は閉じてしまう状態だと推測されています。

amiiboは日本国内でも12月6日に第1弾ラインナップが発売予定。これまでになかった周辺機器だけに今後も様々な形でユーザーから注目を浴びそうです。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

    『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

  2. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  3. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

    『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  4. 【レポート】リゾート地が酒場に!「ハースストーン冬季選手権」バハマ現地フォトレポ

  5. 誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

  6. 『オーバーウォッチ』をファンタジーRPG風に描いたら?―魅力的ファンアート!

  7. アタリアーケード名作の隠し要素、40年越しに見つかる

  8. 太陽万歳!『DARK SOULS』“ソラール”がフィギュア化、燦然と輝くLED演出も!

  9. 『スーパーマリオ』の世界に変貌した米国バーが素敵

  10. 『ハースストーン』国内初の大規模オープン大会が開催決定!賞金総額100万円

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top