ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国でActivisionが持つ『天誅』関連の商標権が失効

ニュース ゲーム業界

アクワイア開発の人気忍者アクションアドベンチャー『天誅』ですが、米国でActivisionから登録された商標の失効が確認されました。

これは、米国特許商標庁(USPTO)で確認されたもの。更新に必要な商標を使用しているサービスの掲示や、使用宣言書が提出されていないため登録がキャンセルされています。

Activisionに『天誅』の権利が移行されたのは2001年のこと。当時『天誅』の権利を持っていたパブリッシャーのSMEは音楽業に専念するためにゲーム部門を閉鎖します。アクワイアが権利取得を試みるも金額が高額なために買収を断念。海外でのパブリッシャーであったActivisionに資金協力を申し出ることで、日本と海外に分割した権利の取得手続きが進められていました。

しかし、SMEがActivisionのみに権利を渡してしまったため、主導権がActivisionへ移行。そのため、『天誅 弐』のパブリッシャーがActivisionとなり、シリーズ作の開発がK2へ移行してしまうという経緯がありました。なお、2004年にはフロム・ソフトウェアが権利を取得しており、アクワイア開発の『天誅 4』のWii版が2008年に、PSP版が2009年にリリースされています。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 19 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

    英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

  2. アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

    アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

  3. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

    『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  4. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  5. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  6. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

  7. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  8. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  9. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  10. 『Burnout』のクリエイターが新作ドライビングゲームの開発に着手!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top