“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『人喰いの大鷲トリコ』は現在も開発中―米国での商標放棄にソニーが回答

February 17, 2015(Tue) 23:39 / by Round.D

米国での商標が2月16日付けで放棄状態にあることが伝えられていたPS3タイトル『The Last Guardian人喰いの大鷲トリコ)』ですが、ソニーは海外ゲームメディアGameSpotに対し、本作が現在も開発中であることを報告しています。

開発が長期化している事も重なり、今回の一件でプロジェクト存続が不安視されていた本作ですが、ひとまずは無事が確かめられたと言えそうです。前回の記事でお伝えしたとおり、『The Last Guardian』の米国商標が放棄状態になるのは2度目の事で、過去と同様に近いうちに再申請が行われるかもしれません。

尚、米国特許商標庁(USPTO)の資料によると、昨年7月に同庁よりソニーに向けて商標の更新が必要である旨を通知していた模様です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

特集


評価の高いコメント

  • 2015年2月17日 23:46:54 ID: WZx1lOkdUDox
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    開発している…! 開発しているが…今回 まだ発売日までは公表していない
    そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい
    つまり…
    我々がその気になれば発売は 10年20年後ということも 可能だろう…ということ…!

  • 2015年2月17日 23:57:55 ID: ouWSwHcfQd8q
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    ゲイブ「Half-Lifeの続編は考えている…」(ピザを頬張りながら

  • 2015年2月18日 00:07:34 ID: jrudFbsu47GA
    9 スパくんのお友達さん
    通報する

    上の関連記事に

    > 『人喰いの大鷲トリコ』の元開発スタッフなどが集結

    って出てる点からしても、既に開発は事実上終了していると思わずにはいられない

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 49 件

no image