“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

あのKickstarterプロジェクトの現在―海外ユーザーが開発進捗状況をまとめる

February 23, 2015(Mon) 18:40 / by 水京

ここ数年で急激に成長し、ゲーム開発の新しい在り方として注目されているクラウドファンディング。海外フォーラムNeoGAFのユーザーが、Kickstarterにて資金を調達して開発されているゲームの開発進捗状況をまとめて公開し、注目を集めています。

最近、ピーター・モリニュー氏の『Godus』騒動恐竜ゲーム『The Stomping Land』の開発者失踪などの問題が表面化しているクラウドファンディング。一方で、クラウドファンディングが無ければ、日の目を浴びる事すらなかったゲームも数多く開発されており、その功績は誰もが認めていることでしょう。

そんな中で、NeoGAFユーザーStumpokapow氏がGoogleスプレッドシートにて公開したクラウドファンディングプロジェクトの進捗状況では、2012年から2014年7月までの間に75000ドル以上の資金調達に成功した185タイトルが、色分けした6つのステータスで示されています。

185タイトルの内、正式リリースまで到達したのは61タイトル。開発中止となったのは10タイトルで、開発中止のリスクが高まっているのは11タイトルとのこと。高リスクタイトルを含めた開発中止率は約11%となっています。残りの103タイトルは、順調な開発体制、普通の開発体制、評価するには尚早の3つに分けられており、細かな現状が記されています。

その性質上、一定のリスクが存在するクラウドファンディング。信頼を裏切るプロジェクトは言語道断ですが、資金を提供する際はそれなりの覚悟を持って行うことをお勧めします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2015年2月23日 19:37:26 ID: 2RoN/p8KVDT/
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    こういうのは「購入」じゃなく「資金援助」だって事を忘れちゃいけないよな

  • 2015年2月23日 20:35:06 ID: NiO3bwUKuz6Z
    5 もへもへさん
    通報する

    あくまで投資であると考えるべき

    投資なんだから損することも多いに決まってる
    あんまりにも失敗を攻め続けたらインディーゲーム全体を委縮させることにもなるかもしれん

    ゲーマーとしては10個投資して1個でも名作ができればそれで万々歳
    最近お金の集まりが悪くなってきたってのが報道されてたがそれは最初の物珍しさからちゃんと見極めるように投資者が成熟してきてるのでそれでいいと思うのよね。

  • 2015年2月23日 20:02:39 ID: 1fCYH3nD/iNQ
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>3
    そういうのってクラウドファンディングと全く関係無い大手企業からも普通に出るからな……

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 18 件

no image