ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Downwell』『Bot!』プレイレポ―世界を目指す若手日本インディー

ゲーム文化 インディーゲーム

『Downwell』『Bot!』プレイレポ―世界を目指す若手日本インディー
  • 『Downwell』『Bot!』プレイレポ―世界を目指す若手日本インディー
  • 『Downwell』『Bot!』プレイレポ―世界を目指す若手日本インディー
  • 『Downwell』『Bot!』プレイレポ―世界を目指す若手日本インディー
  • 『Downwell』『Bot!』プレイレポ―世界を目指す若手日本インディー
  • 『Downwell』『Bot!』プレイレポ―世界を目指す若手日本インディー
  • 『Downwell』『Bot!』プレイレポ―世界を目指す若手日本インディー
  • 『Downwell』『Bot!』プレイレポ―世界を目指す若手日本インディー
  • 『Downwell』『Bot!』プレイレポ―世界を目指す若手日本インディー


秋葉原UDXで開催されている東京インディーフェス2015。初開催ながら世界から多くのインディーゲームが集結しましたが、ここでは世界を目指す日本の若手インディーを紹介したいと思います。本イベントは8日から10日まで開催しているので、日本のインディーシーンに興味のある方は足を運んでみてください。

■『Downwell
開発:もっぴん ジャンル:2Dアクション



もっぴんこと麓旺二郎氏が手がける『Downwell』はインディーゲーム祭典IGF 2015の学生部門でファイナリストに選出された注目タイトル。すでにDevolver Digitalからのリリースが決定しており、今後、世界のインディーシーンでどう評価されるのか楽しみです。

今回はイベントのためのプレイアルデモが出展。オープニングから序盤のステージを遊ぶことができました。操作は左右の移動とジャンプと超シンプル。ゲームの目的もひたすら下方向に進んでいくだけとわかりやすいものです。ジャンプ時にはブーツからショットが発生し、下方向の敵を攻撃。アイテムによってレーザーやショットガンに変わり、ジャンプの挙動も変化します。

プレイアブルデモを触ったのは初めてでしたが、何よりも爽快な手触りが印象的。うまく敵を連続して倒すとコンボが発生、スタイリッシュなアクションが楽しめます。逆にアクションが苦手な方はゆっくりと下っていくこともできます。敵を多く倒し、アイテムを集めると様々なアップグレード可能。アクションに加え、自動生成ステージなどローグライク的要素があるため、様々な楽しみ方が可能になりそうです。『Downwell』はPC/iOS/Android向けで年内リリース予定です。



■『Bot!
開発:Team AimedFreedom ジャンル:3Dステルスアクション



デジタルハリウッド大学の学生3人チームが開発した『Bot!』。その名の通り、ロボットが主人公のステルスアクションゲームです。Unreal Engineで作られたモデルとステージは非常に美しく、学生作品ながらもPS4でのリリースが予定されています。

今回のプレイアブルデモはオープニングからの序盤を楽しむことができました。操作は移動とカメラ操作に加えて、ダンボールへの変身。攻撃などはできませんが、スニーキングに特化したロボットというわけです。

敵として登場するのもロボットです。あたりを警戒しつつも足音に反応して追いかけてきます。ダンボールへの変身でやり過ごしたり、アナログスティックを軽くたおして忍び足で動いたり、とにかく逃げまわります。工場のようなステージを脱出するのが目的で、部屋にはスイッチや隠し通路などのパズル要素が用意されています。

とにかくロボットのデザインや工場の雰囲気などが素晴らしい本作。PS4のグラフィックス性能を使い切るレベルのビジュアルはぜひとも直接味わってほしいです。『Bot!』は今年中にPS4とPCでリリース予定。PC版はPS4を上回るグラフィックスを目指しているそうです。

《Shin Imai》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

    地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  2. バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

    バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

  3. チートじゃないから!『Overwatch』17歳の韓国女性プロが実演プレイで不正疑惑を晴らす

    チートじゃないから!『Overwatch』17歳の韓国女性プロが実演プレイで不正疑惑を晴らす

  4. 少女が描いた『オーバーウォッチ』新キャラをブリザードがイラスト化!

  5. 本日の一枚『"胸囲"の再現!ララ・クロフトコス』

  6. リマスターPC版『TES V: Skyrim Special Edition』は既存Modにも「基本的に対応」

  7. 初代『Quake』生誕20周年記念で新エピソードが配信!―Machine Gamesが制作

  8. もし『The Witcher 3』が名作ノワール映画になったら…渋過ぎる海外アート集

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 【このModがスゴイ】『The Witcher 3』絶対に取り逃さない!「Auto Loot」アイテム自動回収

アクセスランキングをもっと見る

page top