ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【E3 2015】荒廃した世界でマシンと戦うARPG『Horizon Zero Dawn』はクラフト要素あり

家庭用ゲーム PS4

【E3 2015】荒廃した世界でマシンと戦うARPG『Horizon Zero Dawn』はクラフト要素あり
  • 【E3 2015】荒廃した世界でマシンと戦うARPG『Horizon Zero Dawn』はクラフト要素あり
  • 【E3 2015】荒廃した世界でマシンと戦うARPG『Horizon Zero Dawn』はクラフト要素あり
  • 【E3 2015】荒廃した世界でマシンと戦うARPG『Horizon Zero Dawn』はクラフト要素あり
  • 【E3 2015】荒廃した世界でマシンと戦うARPG『Horizon Zero Dawn』はクラフト要素あり
  • 【E3 2015】荒廃した世界でマシンと戦うARPG『Horizon Zero Dawn』はクラフト要素あり
  • 【E3 2015】荒廃した世界でマシンと戦うARPG『Horizon Zero Dawn』はクラフト要素あり
  • 【E3 2015】荒廃した世界でマシンと戦うARPG『Horizon Zero Dawn』はクラフト要素あり
  • 【E3 2015】荒廃した世界でマシンと戦うARPG『Horizon Zero Dawn』はクラフト要素あり
6月16日にSCEが開催したE3 2015プレスカンファレンスにて発表された、PS4ソフト『Horizon Zero Dawn』のメディアブリーフィングがE3会場で実施されました。

『Horizon Zero Dawn』は、FPS『キルゾーン』を手掛けるゲリラゲームズの完全新規アクションRPGです。舞台は人類が滅びてから1000年後の世界。この1000年の間に人類は復活を遂げ、プレイヤーは“マシンハンター”として謎の動物型マシンと戦う――というストーリーです。


ただ「なぜマシンが蔓延っているのか」「なぜマシンは動物の形をしているのか」「なぜ人類は一度滅びたのか」といった謎は、ゲームを進めることで明かされる要素であるため、今回はゲームシステムの説明がメインでした。

◆オープンワールド



マップはロードのないシームレスな設計になっており、世界は広大なオープンワールドに。画面に映る全ての場所に行くことができ、岩などのオブジェクトを破壊することも可能です。また様々なロケーションが点在し、プレイヤーは荒廃した街などを巡っていきます。

◆バトルシステム



本作における敵は“高度なテクノロジーのマシン”であるのに対して、人類側は一度滅亡しているため原始的な技術しかありません。そのため人類側の武器は非常に原始的で、今回は弓矢とワイヤーガンが発表されました。



会場ではこの2つの武器の性能を解説するために、「マシンが背中に載っているタンクを回収する」というクエストを実演。まずはすぐ近くにいるマシンを排除すべく、草むらに隠れながらそのマシンを暗殺。因みに見つかるとアラームがなり、マシンの群れにこちらの存在がばれてしまうそうです。


暗殺のシーン

そして安全を確保した後、ワイヤーガンでトラップを複数個所に設置し、そのポイントに誘導するように、マシンの群れに向かって弓矢を発射。マシンの群れは狙い通りトラップの方向へと移動し、孤立した何体かを弓矢で倒してタンクを回収していきました。なお、弓矢には「爆発」や「電撃」など複数の種類があり、リアルタイムに切り替えることが可能です。

◆クラフト



先ほど“タンクを回収”と記述をしましたが、これは“倒したマシンからドロップしたアイテムを回収する”という意味です。そう、本作にはクラフトシステムが実装されているのです。クラフトは、マシンから取れるパーツや、マップに落ちている植物などを使用してアイテムを作るシステムで、武器本体や弓矢の矢を製作することが可能です。



先日公開された映像ではわかり難いですが、主人公が使っている弓矢にはマシンのパーツが使用されており、“仕組みは原始的だがパーツのテクノロジーは高度”なため、マシンにも有効なダメージを与えられるという設定のようです。

◆巨大マシンとの戦闘



そして多くのユーザーが注目しているのが、巨大マシンとの戦闘でしょう。映像に登場する大型マシンはレーザーやミサイルなど、様々な武装を身に着けており、これらは破壊することが可能。しかも破壊した装備は地面に落ち、プレイヤーが拾って使用することもできます。なお、この巨大マシンの破壊可能箇所は93箇所もあり、攻撃パターンは12種類だそうです。



またパーツとパーツの間などには弱点があり、脳の役割を担うAI機器や心臓の役割を担うコアといった部位もあります。

◆RPG要素



本作はRPGであるためレベルという概念があり、画面UIには方向などを表示するコンパスや、体力を表示するヘルスバーなどが表示。体力はアイテムを消費することで回復します。なお、スキルやパラメーターの概念があるかは不明です。

◆Q&A

ブリーフィングの最後には開発者へのQ&Aが設けられました。まず重要な情報として、本作では非同期のオンライン機能が搭載されるものの、複数人でリアルタイムに協力するようなマルチプレイの搭載の予定はないことが判明しました。また武器の種類に関しては、弓や銃以外も存在。「日本の狩ゲーに影響を受けているか」という質問に対しては、「モンスターハンターなどには影響を受けている。ウエスタンなモンスターハンターを作るのがコンセプトの一つ」と返答。開発期間は4年半だそうです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

まだまだ『Horizon Zero Dawn』の全貌は見えてきませんが、今回明らかになったコンバットとストラテジー要素を兼ね備えたバトルシステムだけでも非常に興味をひかれる内容でした。Q&Aでは他にも質問がありましたが、まだ明かせない要素が多いようで、今後の情報に期待が高まります。

記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 79 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 10月の「PS Plus」にフリープレイ『バイオ HD』登場―PSVR向けSPコンテンツも

    10月の「PS Plus」にフリープレイ『バイオ HD』登場―PSVR向けSPコンテンツも

  2. PS4新CM第2弾「山田と太賀と巨大な…。“PS4に一気に来る”篇」公開

    PS4新CM第2弾「山田と太賀と巨大な…。“PS4に一気に来る”篇」公開

  3. PS4『ホラート ~ディアトロフ峠の惨劇~』日本語版インプレッション―開発者が明かした本当の“怖さ”

    PS4『ホラート ~ディアトロフ峠の惨劇~』日本語版インプレッション―開発者が明かした本当の“怖さ”

  4. 『Gears of War 4』海外プロローグ映像!過去作の見せ場を追体験【ネタバレ注意】

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. ドヴァーキンマスク収録!海外小売店で『TES V: Skyrim Special Edition』特別版が販売

  7. PS VRホラー『Here They Lie』の背筋凍りつく恐怖映像

  8. 海外Xbox One版『Gears of War 4』プリロード開始―PC版も来る!

  9. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  10. PS4『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』国内発売トレイラー!16bitテイスト新ミニゲームも収録

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top