ハードコアゲーマーのためのWebメディア

復讐の赤ずきん『Woolfe』を手がけたGriNが破産―Kickstarter報酬の切手代も払えず

ニュース ゲーム業界

復讐の赤ずきん『Woolfe』を手がけたGriNが破産―Kickstarter報酬の切手代も払えず
  • 復讐の赤ずきん『Woolfe』を手がけたGriNが破産―Kickstarter報酬の切手代も払えず
  • 復讐の赤ずきん『Woolfe』を手がけたGriNが破産―Kickstarter報酬の切手代も払えず
  • 復讐の赤ずきん『Woolfe』を手がけたGriNが破産―Kickstarter報酬の切手代も払えず

童話「赤ずきんちゃん」をベースにダークな復讐劇を描くアクションゲームとして、今年3月にリリースされた『Woolfe - The Red Hood Diaries』ですが、デベロッパーのGriN Gamestudioは公式ブログにおいて、資金難による破産とスタジオの閉鎖を発表しました。

大きな注目とは裏腹に、メタスコアは55、Steamのユーザーレビューも「賛否両論」と、あまり振るわなかった本作。スタジオの創立者であるWim Wouters氏は、ここ数ヶ月の沈黙は非礼からではなく、恥ずかしさによるものだと説明。「これまでで最大の情熱を注いだ『Woolfe』で、皆を失望させてしまったことを受け入れるのは恐ろしい」と語っています。


『Woolfe』は後に第2章がリリースされる予定となっていましたが、前述の不振から興味を持っていたパブリッシャーも手を引き、セルフパブリッシュを行う資金もないため、第2章は制作できないそうです。

資金難の理由の1つとしては、ゲームを拡大する中で計画された2Dから3Dへのプレイスタイルの変更が挙げられており、全体的な開発コストに大きな影響を与えたこと、それに気づくのが遅すぎたことを明かしています。

なお、2014年に行ったKickstarterのバッカー向け報酬については殆ど準備ができているとしつつも、アートブックやDVDケースの印刷代はおろか、発送に必要な切手代をも用意できないとのことです。


このまま埋もれてしまうにはもったいない雰囲気を持つ『Woolfe』。GriNは本作の遺産が生き続けることを望んでおり、他のデベロッパーが新たな章を制作できるよう、IPおよびアセットとソースコードの全てを売却すると伝えています。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

    F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

  2. 『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

    『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

  3. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

    F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  4. 【GC 2016】名匠ケン・レヴィンが贈る珠玉の三部作、『バイオショック コレクション』体験レポート

  5. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  6. Battle.netにFacebook連携のゲーム配信機能「ブリザードストリーミング」が実装!

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  9. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  10. 『DARK SOULS III』最新レギュレーション1.09配信決定―性能が大量調整

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top