2Dゾンビサバイバル『Project Zomboid』専用マルチサーバーが導入―Mod対応も強化 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2Dゾンビサバイバル『Project Zomboid』専用マルチサーバーが導入―Mod対応も強化

ゲーム文化 インディーゲーム

2Dゾンビサバイバル『Project Zomboid』専用マルチサーバーが導入―Mod対応も強化
  • 2Dゾンビサバイバル『Project Zomboid』専用マルチサーバーが導入―Mod対応も強化
  • 2Dゾンビサバイバル『Project Zomboid』専用マルチサーバーが導入―Mod対応も強化
  • 2Dゾンビサバイバル『Project Zomboid』専用マルチサーバーが導入―Mod対応も強化

The Indie Stoneは、アイソメトリックビューで描かれる2Dゾンビサバイバル『Project Zomboid』に専用マルチプレイサーバーを始めとした新要素を追加しました。

2012年のSteam Greenlight始動時から注目を集め、現在もSteamを通して早期アクセスゲームとして配信中の『Project Zomboid』。「どのように死ぬか」を紡ぐハードコアなゾンビサバイバルとして評価されていた本作ですが、専用サーバーを通した新たなマルチプレイ要素が追加されました。更にSteam WorkshopでのModサポートも更新され、プレイバリエーションの拡張が容易化されています。本記事執筆時においては追加マップやユーティリティーなどが投稿されており、中には日本語化を施す公式認定の翻訳Modも配信中です。


本作はWindows/Mac/Linux向けに、通常価格1,480円で販売中。更にCo-opを楽しみやすくなった『Project Zomboid 4-Pack』は4,980円で提供されています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』マップ開発に痛恨のミス…ディレクターが今明かす「ドラド」誕生秘話

    『オーバーウォッチ』マップ開発に痛恨のミス…ディレクターが今明かす「ドラド」誕生秘話

  2. Twitch配信者が24時間チャリティー放送中に死去、原因は「深刻な睡眠不足」か

    Twitch配信者が24時間チャリティー放送中に死去、原因は「深刻な睡眠不足」か

  3. 玉ねぎ…ではない!『DARK SOULS』ジークマイヤー珠玉コスプレ

    玉ねぎ…ではない!『DARK SOULS』ジークマイヤー珠玉コスプレ

  4. 初代「Xbox」日本発売15周年!思い出深いタイトルは?

  5. 【猫の日企画】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題―スパくんだと?

  6. 血も涙もない世界で生きるサイドスクロールRPG『LISA』がSteam Greenlightに登場

  7. 実際にプレイ可能な手のひらサイズのアーケードマシンが海外発表!―『パックマン』など登場予定

  8. 名作FPS『Doom』を「ポルシェ911」で運転プレイする男が危険すぎる

  9. 『Dota2』クイーン・オブ・ペインがねんどろいど化!さらにリナがfigmaに!

  10. WW2時の沈没潜水艦を探すホラー『See Light』―オープンワールド採用

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top