ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新発表ゲーミングウルトラブック「Razer Blade Stealth」は軽量化と高性能が両立―CESブースレポ

PC Windows

新発表ゲーミングウルトラブック「Razer Blade Stealth」は軽量化と高性能が両立―CESブースレポ
  • 新発表ゲーミングウルトラブック「Razer Blade Stealth」は軽量化と高性能が両立―CESブースレポ
  • 新発表ゲーミングウルトラブック「Razer Blade Stealth」は軽量化と高性能が両立―CESブースレポ
  • 新発表ゲーミングウルトラブック「Razer Blade Stealth」は軽量化と高性能が両立―CESブースレポ
  • 新発表ゲーミングウルトラブック「Razer Blade Stealth」は軽量化と高性能が両立―CESブースレポ
  • 新発表ゲーミングウルトラブック「Razer Blade Stealth」は軽量化と高性能が両立―CESブースレポ
  • 新発表ゲーミングウルトラブック「Razer Blade Stealth」は軽量化と高性能が両立―CESブースレポ
  • 新発表ゲーミングウルトラブック「Razer Blade Stealth」は軽量化と高性能が両立―CESブースレポ
  • 新発表ゲーミングウルトラブック「Razer Blade Stealth」は軽量化と高性能が両立―CESブースレポ

ラスベガスで開催されているCESにあわせ、ゲーミングデバイスメーカーRazerがゲーマー用ウルトラブックPC「Razer Blade Stealth」を発表しました。CESのIntelとRazerブースにて展示されていましたので、さっそくチェックしてきました。

「Razer Blade Stealth」は通常のゲーミングノートPCとは違い、スリムかつ軽量化されたボディを持つウルトラブックであるのが特徴です。さらに、Thunderbolt3(USB-C)で接続可能な外付けGPUユニット「Razer Core」に対応しており、グラフィックボードを搭載した「Razer Core」を「Blade Stealth」に接続することで、高品質なゲーミング環境の構築が可能となっています。


    ■Razer Blade Stealth詳細
    ・価格:999ドルから
    ・13.1mm x 321mm x 206mm
    ・1.25 kg
    ・12.5インチ IGZO 16:9 マルチタッチディスプレイ
    ・QHD(2560x1440)モデル:128GB/ 256GB PCIe SSD(オプション)
    ・UHDモデル(3840x2160):256GB/ 512GB PCIe SSD(オプション)
    ・Intel Core i7-6500U Dual-Coreプロセッサー(2.5GHz/ 3.1GHz)
    ・Intel HD Graphics 520
    ・8GB Dual-Channel システムメモリー(LPDDR3-1866MHz)
    ・Windows10(64-bit)
    ・Wireless-AC(802.11a/b/g/n/ac +Bluetooth 4.1)
    ・Thunderbolt 3 (USB-C)
    ・USB 3.0 x 2(SuperSpeed)
    ・内蔵カメラ:200万画素
    ・HDMI 1.4b
    ・スピーカー内蔵/ 3.5mmヘッドフォン/ マイクロフォン端子
    ・Trusted Platform Module(TPM 2.0)セキュリティチップ内蔵
    ・コンパクト45W USB-Cパワーチャージャー
    ・45Wh 充電式リチウムポリマーバッテリー搭載

    ■Razer Core詳細
    ・価格:未定
    ・218.4mm x 104.9mm x 339.9mm
    ・Single double-wide、Full-length、PCI-Express x 16 Graphics card
    ・最大GPUサイズ:152mm x 44mm x 310mm
    ・GPU最大電力:375w
    ・USB 3.0 x 4(SuperSpeed)
    ・ギガバイトイーサネット(10/ 100/ 1000)
    ・500Wパワーサプライ内蔵


会場ではHDMIでモニターにつながれた状態で展示されており、『スター・ウォーズ バトルフロント』や『Fallout 4』などがプレイできました。ウルトラブックの薄いボディで最新ゲームがフルHDの高画質設定でぬるぬる動いているのは新鮮です。部屋のスペースをコンパクトに使いたいユーザーにとっては、仕事で外へ持ち出すときはウルトラブックとして、自宅ではゲーミングPCとして使い分けることができそうです。ただ、内蔵キーボードのタッチ感がやや柔らかい感じになっているので、そこは好みがわかれるかもしれません。

Razerのブースでは、他にも同社が開発した配線用マイク「Seiren」やスマートウォッチ「Nabu Watch 」、Android TV「Forge TV」も展示されていましたので合わせてご紹介。


配信用マイク「Seiren」


Android TV「Rorge TV」


スマートウォッチ「Nabu Watch」
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 21 件

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. ヴィクトリア女王参戦!『シヴィライゼーション VI』国内向けイギリス映像

    ヴィクトリア女王参戦!『シヴィライゼーション VI』国内向けイギリス映像

  2. 恐竜シューター『The Orion Project』盗用疑惑でSteam販売停止―登場武器が『CoD:BO3』と酷似

    恐竜シューター『The Orion Project』盗用疑惑でSteam販売停止―登場武器が『CoD:BO3』と酷似

  3. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

    殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  4. 『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』200人以上のプレイキャラ紹介映像!

  5. 90年代の日本産STGへの愛が込められた『ザイドニア』プロジェクトが公開

  6. 『Absolver』『Strafe』『Shadow Warrior 2』…Devolver Digitalトレーラーハウスで3作品をチェック

  7. CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

  8. 『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

  9. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  10. 『シヴィライゼーション VI』が電撃発表! 日本語版情報やトレイラーも

アクセスランキングをもっと見る

page top