ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本初『ハースストーン』「炉端の集い」に100人以上が参加!―会場レポ

ゲーム文化 イベント

日本初『ハースストーン』「炉端の集い」に100人以上が参加!―会場レポ
  • 日本初『ハースストーン』「炉端の集い」に100人以上が参加!―会場レポ
  • 日本初『ハースストーン』「炉端の集い」に100人以上が参加!―会場レポ
  • 日本初『ハースストーン』「炉端の集い」に100人以上が参加!―会場レポ
  • 日本初『ハースストーン』「炉端の集い」に100人以上が参加!―会場レポ
  • 日本初『ハースストーン』「炉端の集い」に100人以上が参加!―会場レポ
  • 日本初『ハースストーン』「炉端の集い」に100人以上が参加!―会場レポ
  • 日本初『ハースストーン』「炉端の集い」に100人以上が参加!―会場レポ
  • 日本初『ハースストーン』「炉端の集い」に100人以上が参加!―会場レポ

会場には「シルヴァナス・ウィンドランナー」と「エルフの射手」が登場

Blizzard Entertainment(以下、ブリザード)は1月9日、秋葉原のイベント会場にて、「ハースストーン新年会」を開催しました。「ハースストーン新年会」とは、CCG『Hearthstone(ハースストーン)』を、ドリンクや軽食を片手にゆったりプレイする交流型イベントです。

このような交流型イベントは「炉端の集い」とも呼ばれています。「炉端の集い」は、5~10人程度の少人数のものから、100人以上が集まる大規模なものまでがあり、参加する条件にゲームの腕前は一切関係ないのが特徴です。非公式の「炉端の集い」はこれまで行われてきましたが、ブリザード公式の「炉端の集い」は、今回が日本で初めての開催になります。


MCを務めた「せんとす」氏

同イベントには、100人以上のプレイヤーが参加。募集人数を超える多くの応募があったことから、ハースストーンの人気ぶりがうかがえます。中には、大阪や愛知からの応募者も。参加者全体的には、ハースストーンをやり始めたばかりの初心者がやや多く、気軽な気持ちで参加できたプレイヤーが多かったようです。当日は、ブリザードからプレス向けにハースストーン世界選手権の紹介があったのち、ユーザーによる対戦会が行われました。


100人以上のプレイヤーが参加し、大きな盛り上がりを見せていました

まず、ブリザードからプレス向けに、ハースストーン世界選手権の説明がありました。同選手権では、ポイントが上位になると、日本予選に進むことができます。ポイントを獲得するには複数の方法がありますが、同選手権で特徴的なのは、「ハースストーン・カップ」と呼ばれる、ユーザー主催型の大会がある点です。



「ハースストーン・カップ」を開くには、大まかに2つの条件があります。1つ目の条件は、「主催者が、64名以上の参加した大会の開催・共催経験があること」。そして、2つ目の条件は、「64名以上の参加があること」です。なお、世界選手権の詳細については、『ハースストーン』公式サイトをご覧ください。

そして、次に行われたのは、ユーザー参加による対戦会。「コインバトル」と「コスプレイヤーバトル」の2つが行われました。「コインバトル」とは、コインを賭けて会場内のプレイヤーと自由に対戦するというもの。対戦中は皆、真剣な表情で画面を見つめ、白熱したバトルが展開。対戦会の終了時には、保有しているコインの枚数に応じて、Tシャツやマウスパッドなどのブリザード特製グッズがプレゼントされました。


「コインバトル」の様子

なお、同イベントには、ハースストーン日本チャンピオンでもあり、昨年のBlizzConで行われた世界選手権でベスト4に輝いたKno選手も参加しており、対戦をしながら一般ユーザーとの交流を楽しんでいました。


他プレイヤーと談笑するKno選手

「コスプレイヤーバトル」とは、会場のコスプレイヤーに基本デッキで対戦するというもの。勝利したプレイヤーには、ブリザード特製カードホルダーとミサンガがプレゼントされていました。終始長蛇の列ができており、待ち時間の間に、列に並んでいる人同士が「コインバトル」をしている様子が印象的でした。


「コスプレイヤーバトル」の様子

そして、イベントの最後には、抽選会が行われました。ハースストーン特製グッズがプレイヤーにプレゼントされ、大きな盛り上がりの内に閉幕となりました。なお、次回「炉端の集い」の公式開催は現時点では未定とのこと。今後も継続的に開催されることを期待し、次回の開催を楽しみにして待ちましょう。
《Kazunari Matsuki 》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 26 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外カジノにてビデオゲーム型のギャンブルマシンが今秋登場!―第1弾はスキルベースのFPSに

    海外カジノにてビデオゲーム型のギャンブルマシンが今秋登場!―第1弾はスキルベースのFPSに

  2. クビになった会社員がオフィスで大暴れ!新作ACT『Office Freakout』配信中

    クビになった会社員がオフィスで大暴れ!新作ACT『Office Freakout』配信中

  3. ブリーフ姿で戦う実写格ゲー『Brief Karate Foolish』がSteam Greenlightに出現!

    ブリーフ姿で戦う実写格ゲー『Brief Karate Foolish』がSteam Greenlightに出現!

  4. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  5. 双方向ホラー『I.C.U.』キックスタート―視聴者がゲーム配信者をビビらせる!?

  6. 海外プロレスWWEで『ロックマン』風の入場曲が流れる―海外公式Twitterも反応

  7. フロッピーディスクがコントローラーに!?インディーACT『Mr Floppy』発表

  8. 60fps動作をサポートする『Hyper Light Drifter』βパッチ配信、初心者モードやボスラッシュも

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 「PlayStation Experience 2016」12月3日より開催、PS Proの4Kプレイ体験やVRデモを展示

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top