ハードコアゲーマーのためのWebメディア

堀井雄二、初代『ドラクエ』制作時の手書き資料を公開

ゲーム文化 カルチャー

堀井雄二、初代『ドラクエ』制作時の手書き資料を公開
  • 堀井雄二、初代『ドラクエ』制作時の手書き資料を公開
  • 堀井雄二、初代『ドラクエ』制作時の手書き資料を公開
国民的人気を誇るRPG『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親であり、また育ての親でもある堀井雄二氏。本シリーズにかける意欲やその成果は、今も昔も多くのゲームファンを惹きつけてきました。

最新作となる『ドラクエXI』への期待も高まるばかりですが、このたび堀井氏は自身のTwitterアカウントにて、シリーズの原点となった初代『ドラゴンクエスト』制作時に作った手書きの資料を公開しました。


1月15日に公開されたこの資料には、マップや人の配置、キャラクターが喋る台詞などが記載されており、「ああ ローラひめは いったい どこに・・・」など、幾度も目にしたメッセージの数々も飛び出しています。

これらの資料を公開したつぶやきには、既に3万を超えるリツイートと3万5千件を超える「いいね」が寄せられており(1月18日 11時時点)、この貴重な資料を目にすることができたユーザーの多くが、衝撃や感謝のコメントを残しています。

PS4や3DSといった、当時からでは考えられないほど高性能なハードで、『ドラクエXI』のリリースが予定されています。そんな最新作が生まれるのも、初代『ドラクエ』の1歩があったからこそ。当時遊んだ方は感慨と共に、また初代『ドラクエ』に触れていない方はシリーズが紡いだ歴史のひとつとして、この資料を記憶に刻んでみてはいかがでしょうか。

記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 15 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『League of Legends』ハッキング容疑の豪州男性が仮釈放、責任能力問われず

    『League of Legends』ハッキング容疑の豪州男性が仮釈放、責任能力問われず

  2. 『オーバーウォッチ』でバスケットボールをゴールに入れると…?

    『オーバーウォッチ』でバスケットボールをゴールに入れると…?

  3. ゲーム世界が舞台のディズニー映画「シュガー・ラッシュ」の続編が正式発表!―コンセプトアートも披露

    ゲーム世界が舞台のディズニー映画「シュガー・ラッシュ」の続編が正式発表!―コンセプトアートも披露

  4. 『ファイナルファンタジー7』のモノポリーが海外向けに発表―ミッドガルに魔晄炉建設!

  5. 米ホテルが『GTA V』スクショ誤使用―本物のロスと見間違え?

  6. 映画『ウォークラフト』本編映像をゲムスパ独占公開!―オークと人間が手を取り合う

  7. VRゲーム版「ゴーストバスターズ」米観光地に登場―最大3人で幽霊退治!

  8. 『Fallout 4』の最強武器は…「ゴミ箱」?―意外な使い方を発見

  9. クールな脚線美!『Overwatch』トレーサーの本気コスプレ美女

  10. 終末世界を列車で旅する『The Final Station』30分ゲームプレイ

アクセスランキングをもっと見る

page top