“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート

『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート

January 28, 2016(Thu) 18:46 / by 水京


初代『ポケットモンスター 赤・緑』の発売から20周年。未だにその人気は衰えることを知らず、世界中で多くのファンに愛されている『ポケモン』ですが、海外のフリーアーティストRJ Palmer氏が現実的にポケモンを描いたファンアートを公開しています。

Palmer氏が描くポケモンは実際の動物によせたリアルなもの。ネズミっぽさが増した「ライチュウ」や、電気をまとった大きな鳥「サンダー」など、様々なポケモンが描かれており、独自の解釈を加えたフレーバーテキストと共に公開されています。




Palmer氏は数年間に渡りリアルなポケモンを描き続けており、この他にも、多数の作品をアーティスト向けSNS「Deviant Art」で公開中。ルギアやリザードン、ズバットなどお馴染みのポケモン達のリアルな姿に興味がある人はチェックしてみてはいかがでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2016年1月28日 19:48:26 ID: l0/Y42cldqWW
    7 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>5 日本人は逆に妄想的アプローチばっかだね。普通の人がファンタジーに迷い込んだらとか、電脳世界に入ってしまったら、とか。どっちもどっちじゃん。

  • 2016年1月28日 21:01:14 ID: xOLEPJevJ3m4
    12 スパくんのお友達さん
    通報する

    コイルだけは逆にリアルじゃなくなってるな。あいつの手はハサミじゃなくてU字型磁石だろ。

  • 2016年1月28日 18:50:43 ID: qliXvLMxbL8t
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    ギャザにいてもおかしく無い絵柄で好き

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 24 件

no image