『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート

ゲーム文化 カルチャー

『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート
  • 『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート
  • 『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート
  • 『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート

初代『ポケットモンスター 赤・緑』の発売から20周年。未だにその人気は衰えることを知らず、世界中で多くのファンに愛されている『ポケモン』ですが、海外のフリーアーティストRJ Palmer氏が現実的にポケモンを描いたファンアートを公開しています。

Palmer氏が描くポケモンは実際の動物によせたリアルなもの。ネズミっぽさが増した「ライチュウ」や、電気をまとった大きな鳥「サンダー」など、様々なポケモンが描かれており、独自の解釈を加えたフレーバーテキストと共に公開されています。




Palmer氏は数年間に渡りリアルなポケモンを描き続けており、この他にも、多数の作品をアーティスト向けSNS「Deviant Art」で公開中。ルギアやリザードン、ズバットなどお馴染みのポケモン達のリアルな姿に興味がある人はチェックしてみてはいかがでしょうか。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 24 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『人喰いの大鷲トリコ』ユーザーを見つめてくれるペーパークラフトが公開中

    『人喰いの大鷲トリコ』ユーザーを見つめてくれるペーパークラフトが公開中

  2. Ubisoftがドバイ巨大遊園地と提携、『アサクリ』『Just Dance』コラボも登場か

    Ubisoftがドバイ巨大遊園地と提携、『アサクリ』『Just Dance』コラボも登場か

  3. インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

    インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

  4. 【PSX 16】PlayStation Experience 2016発表内容ひとまとめ

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 【年末年始企画】ファミコンカセットの電池交換とお掃除大作戦!

  7. ご近所侵入ACT『Hello, Neighbor!』キックスタート!創造力を刺激する一人称ステルス作

  8. 『モンスターハンター』ハリウッド映画化続報―映画『バイオハザード』の制作陣が起用

  9. ゲーマーに人気のAKRacingゲーミングチェアに座椅子タイプの新モデル『極坐』が登場

  10. 『FIFA 17』ロシアにて一部規制のおそれ―「LGBTを奨励している」と露議員

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top