ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート

ゲーム文化 カルチャー

『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート
  • 『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート
  • 『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート
  • 『ポケモン』をリアルにするとこうなる―海外アーティストのファンアート

初代『ポケットモンスター 赤・緑』の発売から20周年。未だにその人気は衰えることを知らず、世界中で多くのファンに愛されている『ポケモン』ですが、海外のフリーアーティストRJ Palmer氏が現実的にポケモンを描いたファンアートを公開しています。

Palmer氏が描くポケモンは実際の動物によせたリアルなもの。ネズミっぽさが増した「ライチュウ」や、電気をまとった大きな鳥「サンダー」など、様々なポケモンが描かれており、独自の解釈を加えたフレーバーテキストと共に公開されています。




Palmer氏は数年間に渡りリアルなポケモンを描き続けており、この他にも、多数の作品をアーティスト向けSNS「Deviant Art」で公開中。ルギアやリザードン、ズバットなどお馴染みのポケモン達のリアルな姿に興味がある人はチェックしてみてはいかがでしょうか。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 24 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

    バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

  2. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

    地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  3. 初代『Quake』生誕20周年記念で新エピソードが配信!―Machine Gamesが制作

    初代『Quake』生誕20周年記念で新エピソードが配信!―Machine Gamesが制作

  4. 本日の一枚『"胸囲"の再現!ララ・クロフトコス』

  5. 『CoD:IW』敵役は「ゲーム・オブ・スローンズ」キット・ハリントン!モーキャプ風景も

  6. もし『The Witcher 3』が名作ノワール映画になったら…渋過ぎる海外アート集

  7. SIEの吉田修平氏登壇!インディーゲームイベント「BitSummit 4th」の追加情報発表

  8. チートじゃないから!『Overwatch』17歳の韓国女性プロが実演プレイで不正疑惑を晴らす

  9. 少女が描いた『オーバーウォッチ』新キャラをブリザードがイラスト化!

  10. フロム監修『ダークソウル』フィギュア発売決定!第1弾は「騎士アルトリウス」

アクセスランキングをもっと見る

page top