ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Steam版『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』配信日が決定

Steam版『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』配信日が決定

February 02, 2016(Tue) 07:30 / by 水京


先日、海外向けに正式発表されたSteamPC版『Danganronpa: Trigger Happy Havoc(ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生)』。スパイク・チュンソフトは、海外向けの公式Twitterにて本作の発売日が2月18日に決定したと伝えました。

Steam版ではインターフェース/字幕が英語で提供。吹き替えのみ、ゲーム内オプションで「英語」と「日本語」の切り替えが可能という海外向け仕様となっています。また、予約者には特典として16曲を収録したオリジナルサウンドトラックが付属します。

『ダンガンロンパ』シリーズは未確認情報ながら、続編の『Danganronpa 2: Goodbye Despair(スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園)』のSteamリリースのもあり、続報に注目が寄せられます。

UPDATE: 発売日が誤っていたため、訂正致しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

  • 2016年2月2日 10:00:35 ID: 7CykdsiZMbkL
    14 スパくんのお友達さん
    通報する

    ウィッチャー3の時PC版でも日本語配信してスパイク称賛されたけどさ
    結局CD Projektが日本のPCゲーマー向けにも配信するように契約してたってだけだよねこういうの見てると

  • 2016年2月2日 10:14:30 ID: v7irfw+y4duN
    16 スパくんのお友達さん
    通報する

    CS機で出来るからいいじゃんというけど
    PCでメインでゲームやってる層からするとゲハ的宗教上の理由とかなしにPCでできるならやりたいと思うよ
    企業側からもCSで買えば利益になってPCで買われると利益にならないなんてことはないんだから
    間口広げる意味でもわざわざ日本語を抜いたもの出さずに日本語に他言語を加えて売ればいいんじゃないの?って思う

  • 2016年2月2日 10:43:27 ID: GmLq0g59Ci5c
    18 スパくんのお友達さん
    通報する

    PC版を出すとサポートが大変って理由をいう会社もあるけど
    そんなの日本以外で出したって変わらない話だしなー。
    日本語を抜いてわざわざリリースするなんて手間をしてまですることかね。
    日本のゲームを日本だけハブる理由を、Steam向けタイトルが出始めてから6年以上経つ現在に至っても納得のいく説明をすることなく未だに差別紛いのリリース形態を続けるんだから怒るのは当然だわ。
    会社側に配慮して妥協なんてしてたらますますやらなくなるだけよ。
    ここでクダ巻いててもしょうがないけどさ

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 46 件

no image