“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

コナミHD、平成28年3月期第3四半期決算を発表 ― スマホ向けスポーツゲームが好調も前年同期比減

コナミHD、平成28年3月期第3四半期決算を発表 ― スマホ向けスポーツゲームが好調も前年同期比減

February 02, 2016(Tue) 17:08 / by インサイド

コナミホールディングスは、平成28年3月期第3四半期決算(連結)を発表しました。

グループを取り巻く経営環境は、国内では堅調な企業収益並びに雇用・所得環境の改善が進むものの、設備投資は慎重姿勢が維持され、個人消費も勢いを欠く状況にあります。また、世界経済では、米国経済は雇用状況の改善が続き、個人消費が主導する底堅い回復が続く一方、中国経済の急減速は新興国を含む他国経済への波及が警戒されるなど、世界経済の成長見通しには不透明な状況が続いているとしています。

エンタテインメント市場では、スマートフォン・タブレットの世界的な利用者増加および端末と通信の発達、それに伴うゲームコンテンツの多様化、欧米における新型家庭用ゲーム機の普及により、ゲーム業界におけるビジネスチャンスは拡大傾向を持続しています。

デジタルエンタテインメント事業では、新たに『プロ野球スピリッツA(エース)』を配信したほか『実況パワフルプロ野球』や『ワールドサッカーコレクション』シリーズをはじめとするモバイルゲームが好調に推移。また『メタルギア』シリーズの最新作PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/PCソフト『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』や、PS4/PS3『ウイニングイレブン2016(海外名『PES 2016- Pro Evolution Soccer -』)」を発売し、好評を博しました。

健康サービス事業、ゲーム&システム事業(国外カジノ機器など)、遊技機事業を含めた今期の連結業績は以下の通りです。

◆平成28年3月期第3四半期の連結業績

    【期間】平成27年4月1日~平成27年12月31日
    ※()内%表示は、対前年同四半期増減率

    ■売上高:1792億5100万円(15.0%)
    ■営業利益:174億2300万円(62.3%)
    ■税引前利益:171億4200万円(33.6%)
    ■四半期利益:62億7500万円(△19.5%)
    ■親会社の所有者に帰属する四半期利益:62億6200万円(△19.1%)
    ■四半期包括利益合計額:59億4800万円(△49.2%)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

セグメント別に見ると、デジタルエンタテインメント事業では、モバイルゲームは配信開始から1年経過した『実況パワフルプロ野球』が累計1,900万ダウンロードを達成。リアル志向の野球ゲーム『プロ野球スピリッツA(エース)』を10月より配信し、好調に推移しています。また『ワールドサッカーコレクション』『クローズ×WORST』『プロ野球ドリームナイン』の各シリーズタイトルも、引き続きユーザーから支持を受けています。加えて、グローバル市場向けタイトル『Star Wars: Force Collection(スター・ウォーズ フォース コレクション)』や、各国でベストゲーム賞を受賞した『ウイニングイレブン クラブマネージャー』(海外名『PES CLUB MANAGER』)も安定した運営を継続しています。

アーケードゲームは、『麻雀格闘倶楽部』や音楽ゲームを中心とした「e-AMUSEMENT Participation」タイトルが安定稼働を持続。12月には音楽ゲーム最新作『MUSECA(ミュゼカ)』をリリースしました。また、アーケードゲームプレーヤーの頂点を決めるKONAMI公式大会「The 5th KONAMI Arcade Championship」が開催され、2016年1月から始まる決勝ラウンドに向けて、各ゲームで盛り上がりを見せています。

カードゲームは、「遊戯王トレーディングカードゲーム」が引き続きグローバル展開。特に国内では、毎年開催している世界大会を京都で開催するなど、引き続き多くのユーザーから好評を得ています。

家庭用ゲームは、『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』が、多くのユーザーから高評価を得ているほか、発売から20周年を迎えた『ウイニングイレブン』シリーズの最新作『ウイニングイレブン2016(海外名『PES 2016 - Pro Evolution Soccer -』)』を、欧米に続き日本でも10月に発売しています。

ゲーミング&システム事業では、北米市場において、ヨーロッパメーカーの市場参入による競争の激化や、カジノオペレーターの機器購入に対する慎重な投資姿勢などの影響により、厳しい市場環境の中での事業運営となりました。しかし、ビデオスロットマシン「Podium」シリーズのカテゴリ拡大と市場のニーズに対応した商品展開を始めることで、中南米や欧州市場における多様な商品の提供と拡販に注力したほか、当期後半より新筐体「Concerto(コンチェルト)」の出荷販売を開始しています。

また、アメリカ・ラスベガスで開催された世界最大級の展示会「Global Gaming Expo(グローバル・ゲーミング・エキスポ) 」において、次世代機の「Concerto」の初出展に加え、「Podium」シリーズ「Podium Monument(ポーディアム・モニュメント)」や、コナミグループのオリジナルコンテンツ『Frogger(フロッガー)』を使用した商品の出展など、豊富なラインアップにより好評を得ています。

なお、当期連結累計期間においては、北米・豪州市場を中心とした商品ラインアップの拡充に伴う開発コストおよび商品許認可費用の増加などの先行投資により営業費用が増加しています。

遊技機事業では、ばちんこ機において『悪魔城ドラキュラX ~血の輪廻~』をモチーフにした「CRぱちんこ悪魔城ドラキュラ」を発売しましたが、販売数は低調に推移しています。

◆平成28年3月期第3四半期連結累計期間のセグメント別売上高

    【期間】平成27年4月1日~平成27年12月31日
    ※()内%表示は、対前年同四半期増減率

    ■デジタルエンタテインメント事業:933億9200万円(37.5%)
    ■健康サービス事業:536億300万円(△2.8%)
    ■ゲーミング&システム事業:243億5700万円(9.8%)
    ■遊技機事業:82億1900万円(18.3%)
    ■消去:△3億2000万円
    ■連結合計:1792億5100万円(15.0%)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

KONAMIの代表的なゲームタイトルのひとつである『プロ野球スピリッツ』もスマートフォン向けゲーム『プロ野球スピリッツA』としてサービスが開始され、モバイル向けタイトルの拡充傾向が強まる一方、『メタルギア』シリーズや『ウイイレ』シリーズなど、コンシューマ機向けタイトルも健闘しています。また、ぱちんこ機に自社で育ててきたIPである『悪魔城ドラキュラ』を活用した機種をリリースしていることから、今後もさまざまな形で自社IPを活用したタイトルをリリースする可能性が強いことも伺え、その動向が注目されます。

記事提供元: インサイド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

  • 2016年2月2日 17:25:13 ID: OoP7IY302x8j
    6 スパくんのお友達さん
    通報する

    ゲーム会社じゃないからな

  • 2016年2月2日 17:46:27 ID: at0rtMDHlGCJ
    13 スパくんのお友達さん
    通報する

    ゲーム出す気全く無いならパチンコ出さずにIP解放してくれよ……
    なんだか初恋の相手が水商売堕ちしたみたいで気分悪いわ

  • 2016年2月2日 18:10:50 ID: VG9Wl2E7Nv8N
    16 スパくんのお友達さん
    通報する

    もうここで取り上げる会社じゃないよ

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 32 件

no image