ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

任天堂、平成28年3月期第3四半期決算を発表…『スプラトゥーン』406万本、『マリオメーカー』334万本

任天堂、平成28年3月期第3四半期決算を発表…『スプラトゥーン』406万本、『マリオメーカー』334万本

February 02, 2016(Tue) 21:18 / by インサイド

任天堂は、平成28年3月期第3四半期決算を発表しました。

売上高は4,256億円で、前年同期と比べると3.9%減ですが、営業利益は424億円と34.4%増。しかし、経常利益は552億円(前年同期比 40.1%減)、また四半期純利益405億円(同 31.9%減)になっています。

「当四半期決算に関する定性的情報」によれば、当第3四半期(平成27年4月~12月)の3DS関連は、Newニンテンドー3DS / LLが販売の中心となり、ハードウェアの販売台数は588万台に。またソフトウェアでは、『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』が293万本を記録。この他にも定番タイトルが堅調に推移し、ソフト全体の販売本数は3,887万本にのぼりました。

Wii Uは、『スプラトゥーン』が406万本、『スーパーマリオメーカー』が334万本と、両タイトルとも大きなヒットを記録。プラットフォームの活性化にも貢献する勢いを見せています。このほかの定番タイトルの後押しもあり、ハードウェアの販売台数は306万台、ソフトウェアの販売本数は2,262万本となっています。

3DSやWii Uのゲームにおける追加コンテンツなどの販売も伸びており、ダウンロード売上高合計は305億円に。また、主力のひとつとして数えられている「amiibo」ですが、フィギュア型が約2,050万体、カード型は約2,150万枚を販売。世界的に好調な推移を見せました。

今後の展開として、3DSは『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』などの自社ソフトや、サードパーティーからの有力タイトル発売を挙げており、Wii Uは『スプラトゥーン』『スーパーマリオメーカー』の話題性を維持させながら、『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD』などの新作ソフトをリリース。そして「amiibo」を使った新しいゲーム体験を提案していくことで、さらなる販売拡大を目指すとしています。

スマートデバイス向けアプリの第一弾となる『Miitomo(ミートモ)』の配信開始も予定されており、この更なる動きにも注目が集まることでしょう。なお当期の業績予想については、平成27年5月7日に公表しました業績予想からの変更は行わないとのことです。

記事提供元: インサイド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

  • 2016年2月2日 23:01:11 ID: 2Rf6T3aLT4ze
    12 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>7
    具体的には「何の」「どういう」部分で質が落ちたと思うの?
    スプラトゥーンとかは新規IPでも400万本売れるのは、質によるものじゃないの?

  • 2016年2月2日 23:52:37 ID: RJLjXNlGAlyv
    16 スパくんのお友達さん
    通報する

    スプラトゥーンは昨年CoDやHaloなどをおさえて日本産で初めてベストシューター賞取って新規IPでありながらその質の高さで
    売り上げに結びついた稀有な例だってのに…
    このサイトの任天堂を批判せずにいられない奴って何なの…

  • 2016年2月3日 06:18:25 ID: Jd321iGtxse3
    30 スパくんのお友達さん
    通報する

    某ゲハブログが如何にゲーム業界に悪影響を与えるかがわかるコメント欄

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 43 件

no image