ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【このModがスゴイ】『Fallout 4』ユーザー待望「Spring Cleaning」拠点を超綺麗にお掃除!

ゲーム文化 Mod

【このModがスゴイ】『Fallout 4』ユーザー待望「Spring Cleaning」拠点を超綺麗にお掃除!
  • 【このModがスゴイ】『Fallout 4』ユーザー待望「Spring Cleaning」拠点を超綺麗にお掃除!
  • 【このModがスゴイ】『Fallout 4』ユーザー待望「Spring Cleaning」拠点を超綺麗にお掃除!
  • 【このModがスゴイ】『Fallout 4』ユーザー待望「Spring Cleaning」拠点を超綺麗にお掃除!
  • 【このModがスゴイ】『Fallout 4』ユーザー待望「Spring Cleaning」拠点を超綺麗にお掃除!
  • 【このModがスゴイ】『Fallout 4』ユーザー待望「Spring Cleaning」拠点を超綺麗にお掃除!
  • 【このModがスゴイ】『Fallout 4』ユーザー待望「Spring Cleaning」拠点を超綺麗にお掃除!
  • 【このModがスゴイ】『Fallout 4』ユーザー待望「Spring Cleaning」拠点を超綺麗にお掃除!
  • 【このModがスゴイ】『Fallout 4』ユーザー待望「Spring Cleaning」拠点を超綺麗にお掃除!

    『GTA V』『Fallout 4』『The Witcher 3』など大型PCタイトルの登場もあり、ますます盛んになっているModカルチャー。日々Modユーザーが新たな作品を投稿しており、膨大な種類が存在します。そこで、Game*Spark編集部スタッフが、「スゴイ!」と感じたModを毎週1つピックアップしてご紹介していきます。


Wilsonatorより

編集部が独断でスゴイ!と思ったModを週1本紹介する「このModがスゴイ」。第4回目は、クエストを追加する大型Modから離れ、急所を突いてくる絶妙な有用Modという観点から『Fallout 4』の拠点関連要素に改善を加えるMod「Spring Cleaning」を紹介します。

■概要



この「Spring Cleaning」はその名が表すように拠点に存在する草木やスクラップ、邪魔な家屋でさえも解体できるようになる匠の如き能力が手に入るMod。痒いところに手が届かなかった全『Fallout 4』ユーザー、特に、息子探しを放ったらかして建築要素ばっかり遊んで進まないユーザーにとって、これ以上無い最高なModと言えるでしょう。



いままではハイライトされることすらなかった土の山や、雑草、ボロボロの屋根……邪魔だったものはいくつもありました。どれだけ拠点を整備しようと、機能的な建物を建てようと、雑草などの消せないオブジェクトがあるだけですごい寂れてる感が勝手に出てしまいましたよね。ですが、これさえあればもう心配無用です。夢にまで見た(比較的)美しい拠点が作れるようになります!

なお、記事執筆時点では、Ver.2.01、2.04、2.05が配布されていますが、最新の2.05をダウンロードすることをお勧め。また、制作者Nverjos氏は、既存の家具配置に関する問題のため、家具関連Mod「Homemaker」の導入を推奨しています。

■息子?あー、今度探しにいくよ



建築要素にのめり込んでいればのめり込むほど有用性が増していく本Modは、決して建築要素を凄まじく拡張するものではありません。ですが一部のユーザーにとっては、これこれ!これを待っていたんだよ!と思わせてくれること間違いなし。導入すれば快適度が段違いになります。



例として、サンクチュアリを引き合いに出してみましょう。この拠点には、街灯やタイヤのほか、家屋ごと解体できる建物もありますが、解体できない建物も存在しています。さらに言えば、穴あきまくりの屋根や、建物内なのに床から生えている雑草も無性に気になる。しかしこのModを使えば、そんな微妙な気持ちからは解放されます。非常に細かいことは確かですが、このようなModが登場するのも、『Fallout』シリーズの強みと言えるかもしれません。息子?次ひと段落したら探しにいきますから。たぶん。

「Spring Cleaning」はこちらからダウンロードできます。

第1回『スカイリム』の「Summerset Isle」―ボリューム30時間以上!
第2回『GTA V』の「Realism Dispatch Enhanced」―手配システム大改善!
第3回『Fallout 3』の「Cube Experimental」―映画「キューブ」を再現!

※Modの導入は自己責任でお願いします。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 43 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  2. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  6. 『Fallout 4』の最強武器は…「ゴミ箱」?―意外な使い方を発見

  7. ラズパイ×3Dプリンターで制作!手のひらサイズ「NES」デモ映像

  8. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  9. ボードゲーム版『DOOM』2016年後半にも発売!マリーンVSデーモンの激突描く

  10. D.Vaがイッパイ!『オーバーウォッチ』コスプレイヤーがコミコン会場に集結

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top