ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新生『DOOM』カバーアート万能説が浮上―どのゲームのタイトルロゴにもフィット!?

ゲーム文化 LOL

新生『DOOM』カバーアート万能説が浮上―どのゲームのタイトルロゴにもフィット!?
  • 新生『DOOM』カバーアート万能説が浮上―どのゲームのタイトルロゴにもフィット!?
  • 新生『DOOM』カバーアート万能説が浮上―どのゲームのタイトルロゴにもフィット!?
  • 新生『DOOM』カバーアート万能説が浮上―どのゲームのタイトルロゴにもフィット!?
  • 新生『DOOM』カバーアート万能説が浮上―どのゲームのタイトルロゴにもフィット!?
  • 新生『DOOM』カバーアート万能説が浮上―どのゲームのタイトルロゴにもフィット!?
  • 新生『DOOM』カバーアート万能説が浮上―どのゲームのタイトルロゴにもフィット!?
  • 新生『DOOM』カバーアート万能説が浮上―どのゲームのタイトルロゴにもフィット!?
  • 新生『DOOM』カバーアート万能説が浮上―どのゲームのタイトルロゴにもフィット!?

『DOOM』カバーアート

先日、海外での発売日が決定した新生『DOOM』。待望の最新作ということで期待も高まっていますが、発売日決定とともに披露されたカバーアートには若干不満の声もあり、海外フォーラムではファンが議論を繰り広げています。そして、様々なカバーアートが提案される中、あるユーザー悪ふざけ 発見によって、『DOOM』のカバーアートが万能である可能性が浮上しました。その説の信憑性を高めるいくつかの画像をご覧ください。











信じるか信じないかはあなた次第……。『DOOM』はPC/PS4/Xbox Oneを対象に、2016年5月13日海外発売予定です。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 37 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外カジノにてビデオゲーム型のギャンブルマシンが今秋登場!―第1弾はスキルベースのFPSに

    海外カジノにてビデオゲーム型のギャンブルマシンが今秋登場!―第1弾はスキルベースのFPSに

  2. クビになった会社員がオフィスで大暴れ!新作ACT『Office Freakout』配信中

    クビになった会社員がオフィスで大暴れ!新作ACT『Office Freakout』配信中

  3. ブリーフ姿で戦う実写格ゲー『Brief Karate Foolish』がSteam Greenlightに出現!

    ブリーフ姿で戦う実写格ゲー『Brief Karate Foolish』がSteam Greenlightに出現!

  4. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  5. 双方向ホラー『I.C.U.』キックスタート―視聴者がゲーム配信者をビビらせる!?

  6. 海外プロレスWWEで『ロックマン』風の入場曲が流れる―海外公式Twitterも反応

  7. フロッピーディスクがコントローラーに!?インディーACT『Mr Floppy』発表

  8. 60fps動作をサポートする『Hyper Light Drifter』βパッチ配信、初心者モードやボスラッシュも

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 「PlayStation Experience 2016」12月3日より開催、PS Proの4Kプレイ体験やVRデモを展示

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top