ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Everybody’s Gone to the Rapture』開発元が新作発表、タイトル不明ながらも「数週間の間」に続報

ニュース 発表

『Everybody’s Gone to the Rapture』開発元が新作発表、タイトル不明ながらも「数週間の間」に続報
  • 『Everybody’s Gone to the Rapture』開発元が新作発表、タイトル不明ながらも「数週間の間」に続報

Dear Esther』や『Everybody’s Gone to the Rapture -幸福な消失-』と言った作品をこれまでに手がけ、そのユニークなストーリーテリングが好評を博していた海外デベロッパーThe Chinese Roomより、タイトル不明の新作タイトルの存在が明かされました。ツイートによれば、この新作は現在開発進行中であり、「これから数週間の間」に新情報を伝えていく方針とのことです。

雰囲気抜群のアドベンチャーゲームで知られるThe Chinese Roomですが、近く発表予定の新作についてはジャンルすらも不明瞭。現段階では「自社パブリッシング」である旨が伝えられており、スタジオがIPに関連する権利を完全に握っているためユーザーと交流しながらの“オープンなゲーム開発”に打ち込むことができるのだとか。スタジオのTwitterでは早速「特別版の有無」や「Tシャツ」、「グラフィックノベル」といったグッズ封入について意見を募集しています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ソニー、2017年度ゲーム部門業績見通しを上方修正―PS Plus会員は2,000万人突破

    ソニー、2017年度ゲーム部門業績見通しを上方修正―PS Plus会員は2,000万人突破

  2. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

    『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  3. PS4「Ustream」サポートが終了へ―ゲーム配信/視聴が不可に

    PS4「Ustream」サポートが終了へ―ゲーム配信/視聴が不可に

  4. G2A、デベロッパーにロイヤリティを支払うサポート体制を発表―最大で10%の利益

  5. ニッポンイタチョコシステムジャパン合同会社が設立―ラショウ氏とピグミースタジオの共同出資

  6. PSNで本名の「ジハード」をアカウント名に使っていたゲーマーがBAN―世界情勢の変化がもたらした災難

  7. ハリウッド映画版『マインクラフト』海外で2019年5月に公開決定!

  8. 『E3 2016現地レポート』TOP20―小島監督『バイオ7』『BF1』『Days Gone』他

  9. 非対称マルチプレイサバイバルホラー『Dead by Daylight』が発表―殺人鬼vs4人の男女

  10. PS4/PS3/PS Vita向け『ウォーキング・デッド シーズン2』国内向けに発売決定―前作のPS4版もリリース予定

アクセスランキングをもっと見る

page top