孤島で死のバトルロワイヤル!『The Culling』早期アクセス版が配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

孤島で死のバトルロワイヤル!『The Culling』早期アクセス版が配信

ゲーム文化 インディーゲーム

孤島で死のバトルロワイヤル!『The Culling』早期アクセス版が配信
  • 孤島で死のバトルロワイヤル!『The Culling』早期アクセス版が配信

Xaviant Gamesは、新作サバイバルアクションゲーム『The Culling』の早期アクセス配信をスタートしました。“ Revision #88858”となる新たなアップデートではクラフトシステムの一部リバランス、“Surprise Me”と呼ばれるAir Dropなどを収録。そのほかプレイヤーデス時のクラッシュ問題を含むバグフィックスが為されています。



映画「ハンガー・ゲーム」や「バトル・ロワイアル」のような雰囲気が感じられる本作は、熱帯の島で繰り広げられるマルチ対戦型のゲームとしてSteamで配信中。最大16人が参加できる熱帯の島でのサバイバルデスマッチを特色とした作品として通常価格1,480円で販売中。早期アクセスは2017年まで行われる見込みで、フルリリース後の価格変更について「可能性がある」と伝えられています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. トランプ大統領の関税がゲーム業界にも影響か

    トランプ大統領の関税がゲーム業界にも影響か

  2. 海外ゲーマーが『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』を目隠しでクリア!―約9時間で全ボス撃破

    海外ゲーマーが『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』を目隠しでクリア!―約9時間で全ボス撃破

  3. 高評価SFサンドボックス『Starbound』250万セールスを達成

    高評価SFサンドボックス『Starbound』250万セールスを達成

  4. ブラジルでまさかのPS2用『GTA 6』パッケージ目撃

  5. e-Sportsを子供も大人も楽しんだ『ベイングローリー』セミナーレポ

  6. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  7. 米大統領選の影響でトランプ氏モチーフの絵文字がSteamマーケットで値上がり!

  8. 可愛すぎる!『オーバーウォッチ』の「猫版」ハイライト・イントロ―海外ファンメイド映像

  9. ベイカー邸の匂いを再現!?『バイオハザード7』用の「蝋燭」が海外で予約受付中

  10. 大波乱のLJL 2017春季開幕戦―DFM Zerost選手が驚異のプレイング!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top