ハードコアゲーマーのためのWebメディア

リブート映画版「トゥームレイダー」監督が狙うのは「ララ・クロフトのリアリティー」

ゲーム文化 カルチャー

リブート映画版「トゥームレイダー」監督が狙うのは「ララ・クロフトのリアリティー」
  • リブート映画版「トゥームレイダー」監督が狙うのは「ララ・クロフトのリアリティー」
海外メディアIGNのインタビューより、リブート映画版『Tomb Raider』の物語にまつわる新たなディテールが伝えられています。2013年に発表されていた本作ですが、そのメガホンをとるRoar Uthaug監督が語ったところによれば「本当に実在するような“ララ・クロフト”」の表現に焦点を当てており、そのシナリオは2013年にリリースされたゲーム版『Tomb Raider』のように、ララ・クロフトの原点を辿る内容になるとのことです。

Uthaug監督はノルウェー出身の彼ならではの感性を『Tomb Raider』フランチャイズの中で発揮したいと語りながら、ララ・クロフトのような「屈強な女性キャラクター」に対してこれまでも大きな興味を持っていたとコメント。過去監督作品にも「強い女性」が登場してきたと話し、ララ・クロフトを描くことへの強い意識を示しています。

「現代的なアクション映画」になるとも語られている映画版『Tomb Raider』の公開時期は未定。キャスト陣は明かされておらず、今後の続報が待たれます。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  2. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  6. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  7. SF青春ADV『ライフ イズ ストレンジ』実写映像シリーズが製作決定

  8. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  9. 英雄は悩殺!『オーバーウォッチ』マーシーの天使コスプレ―D.Vaちゃんのごろ寝ショットも

  10. 『Pokemon GO』トレーナー必携?「ポケモンずかん」風DIYスマホケース

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top