ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ハースストーン』日本選手権は「一応がんばる」―前日本代表Kno選手にミニインタビュー

ゲーム文化 e-Sports

『ハースストーン』日本選手権は「一応がんばる」―前日本代表Kno選手にミニインタビュー
  • 『ハースストーン』日本選手権は「一応がんばる」―前日本代表Kno選手にミニインタビュー

BlizzCon 2015でのKno選手

Blizzard Entertainmentが、2016年3月12日(土)と13日(日)に秋葉原で開催する、『Hearthstone(ハースストーン)』の日本選手権。日本国内ランキング上位32名のプレイヤーが、3月25日から米国で開催されるアジア太平洋(APAC)冬季選手権の出現権をめぐり、知恵とデッキをぶつけ合って争うことになります。

Game*Spark編集部は、昨年日本代表の座を勝ち取り、世界選手権ベスト4の成績を残したKno選手に、ミニインタビューを実施。今年に入ってからの近況や日本選手権に向けての心境を、いつも通りの単刀直入かつソツのない調子で語ってくれました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

――昨年の世界選手権から、『ハースストーン』はずっとプレイし続けていましたか。大学やプライベートとの両立は。

Kno選手: 大学の方が忙しかったのでプレイする頻度は下がっていた時期もありましたが、ぼちぼちやっていました。両立は一応できていたかなぁと。

――最近Twitchでもよく配信をしていますが、ユーザーやファンから何か声はありますか?

Kno選手: 配信頻度をあげてほしいとか、マイクとかの環境を向上させてほしいとかですね。

――昨年にくらべ新しい選手も増えてきたと思います。国内、海外で今注目してるプレイヤーは。

Kno選手: 新しいプレイヤーのことはよく知らないので、なんともいえませんね。今まで強かったプレイヤーが強いとは思いますが、大会の結果という意味では誰でもチャンスがあるでしょうね。ということで注目してるプレイヤーは今まで通りということで。

――昨年の世界大会以降、「League of Explorers(リーグ・オブ・エクスプローラー)」が加わり煮詰まりつつある現在のメタ環境を、Kno選手はどう見ていますか?

Kno選手: 今の環境は、ドルイドやパラディンなど、とりあえず出してFaceを殴っておけば勝てたりするので、誰でも勝てるすごい環境です。

――2月にBlizzardが発表した、スタンダードやワイルドフォーマットをはじめとする新たなレギュレーションについては、どう感じられていますか?

Kno選手: とりあえず環境が変わるのでありがたいですね。カードプールが足りるのかは気になりますが、まぁそれは実装してからの楽しみということで。

――昨年の日本選手権時にくらべて、自分自身に何か変化を感じますか。成長した部分とか。

Kno選手: 特にないといえばない気もしますが、情報収集面が向上したかなぁと。

――日本選手権への抱負や意気込みがあれば教えてください。

Kno選手: 運がよければ勝てると思うので、都合よくドローできて勝てるといいなぁと思います。

――最後に『ハースストーン』ユーザーに向けて、何かメッセージがあればお願いします。

Kno選手: 一応がんばるので応援お願いします。

――ありがとうございました。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

    バイオレンスシューター『Hatred』の一人称化Modが登場!―さらに過激な体験に

  2. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

    地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  3. もし『The Witcher 3』が名作ノワール映画になったら…渋過ぎる海外アート集

    もし『The Witcher 3』が名作ノワール映画になったら…渋過ぎる海外アート集

  4. フロム監修『ダークソウル』フィギュア発売決定!第1弾は「騎士アルトリウス」

  5. チートじゃないから!『Overwatch』17歳の韓国女性プロが実演プレイで不正疑惑を晴らす

  6. 本日の一枚『"胸囲"の再現!ララ・クロフトコス』

  7. 海外サイトが選ぶ『ゲームキューブの対戦・協力プレイゲーム』TOP10

  8. 巨乳眼鏡っ娘が戦う新作ACT『SMASHING THE BATTLE』がSteam配信―日本語にも対応!

  9. 『CoD:IW』敵役は「ゲーム・オブ・スローンズ」キット・ハリントン!モーキャプ風景も

  10. 攻城兵器構築ゲーム『Besiege』がSteam Greenlightに登場 ― 建物を破壊し敵を一掃!

アクセスランキングをもっと見る

page top