ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

【GDC 2016】Unreal Engine採用タイトル一挙紹介映像!『エスコン7』や『FF7 Remake』の日本製作品も

【GDC 2016】Unreal Engine採用タイトル一挙紹介映像!『エスコン7』や『FF7 Remake』の日本製作品も

March 15, 2016(Tue) 17:41 / by G.Suzuki


Epic Gamesは、GDC 2016にてUnreal Engineを採用した2016年のタイトルを一挙紹介するシージリール映像を公開しました。

2016年のリールで取り上げられたタイトルは50作品以上で、BNEの『エースコンバット7』や『鉄拳7』、カプコンの『ストリートファイターV』、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY VII REMAKE』と『KINGDOM HEARTS III』、そしてcomceptの『Mighty No.9』の日本製タイトルも登場しています。なお2015年にも同様のシージリール映像が公開されておりNinja Theoryの『DmC: Definitive Edition』やアクセスゲームズの『D4: Dark Dreams Don't Die』などが映されていました。

今回の映像で取り上げられたタイトルは以下の通りです。

    ■2016年リールで取り上げられた作品一覧
    『Paragon』―Epic Games
    『Rocket League』―Psyonix
    『エースコンバット7』―バンダイナムコエンターテインメント
    『Blade 2』―Actionsquare
    『Chronos』―Gunfire Games
    『Assassin's Creed Chronicles』―Ubisoft
    『Ashen』―Aurora44
    『Black Shield』―Sinceme
    『Bullet Train』―Epic Games
    『EVE: Gunjack』―CCP Games
    『Mighty No.9』―comcept
    『Mars』―Yingpei Games
    『ストリートファイターV』―Capcom
    『Protostar』―Epic Games
    『Into The Stars』―Fugitive Games
    『鉄拳7』―バンダイナムコエンターテインメント
    『The Vanishing of Ethan Carter』―The Astronauts
    『Henry』―Oculus Story Studio
    『Kingdom Hearts III』―スクウェア・エニックス
    『Hit』―Nat Games
    『Relics of Gods 2』―Seasun Games
    『Battlefleet Gothic: Armada』―Tindalos
    『Gears of War 4』―The Coalition
    『Great War Mechs』―Stonesolid
    『FINAL FANTASY VII REMAKE』―スクウェア・エニックス
    『Over Lord』―KOKOMO
    『Crazy Killer』―Ino-co Plus
    『Obduction』―Cyan
    『Unearthing Mars』―Winking Entertainment
    『The Flame in the Flood』―The Molasses Flood
    『Vineyard Challenge』―Rostislav Nikolaev、Victor Vazquez
    『Photogrammetry』―Rense de Boer
    『Visualization』―Koola
    『Solitairica』―Righteous Hammer Games
    『TOYOTA SHOWROOM 360』―Rotor Studios
    『GRIP』―Caged Element
    『Battalion 1944』―Bulkhead Interactive
    『Heroes Genesis』―Studio G9
    『Lawbreakers』―Boss Key Productions
    『EVE: Valkyrie』―CCP Games
    『Bless』―Neowiz
    『Ark: Survival Evolved』―Studio Wildcard
    『The Machines』―Directive Games
    『Stories: The Path of Destinies』―Spearhead Games
    『We Happy Few』―Compulsion Games
    『Blade of Three Kingdoms』―Action Square
    『Shadow Complex Remastered』―Chair Entertainment
    『World War Toons』―Reloaded Studios
    『Astroneer』―System Era
    『ADR1FT』―Three One Zero
    『Unreal Tournament』―Epic Games
    『Mortal Kombat XL』―NetherRealm Studios
    『Hellblade』―Ninja Theory
    『Fortnite』―Epic Games
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

特集


評価の高いコメント

  • 2016年3月15日 18:22:48 ID: NP+Kv8blz/Bu
    10 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>4
    そんなに気になるならリストに挙げられたゲームお前が全部買って遊んで確かめろよ?
    伝聞で仕入れた評価じゃなくてな

  • 2016年3月15日 18:13:41 ID: WUXQhEgbcCJ+
    8 スパくんのお友達さん
    通報する

    UE採用する和製タイトル増えたな。
    やっぱ凄いわ。
    でもスクエニは出来るだけルミナススタジオ完成させてそちらに移行してほしいな。
    せっかく自社で作ったエンジンだし。

  • 2016年3月15日 18:11:22 ID: xTb+yx1YXhhL
    6 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>4
    日本語でok

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 26 件

no image