ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【GDC 2016】自宅が4D映画館に?VR映像と連動して風を送る「Vortx」を体験

ゲーム機 周辺機器

【GDC 2016】自宅が4D映画館に?VR映像と連動して風を送る「Vortx」を体験
  • 【GDC 2016】自宅が4D映画館に?VR映像と連動して風を送る「Vortx」を体験
  • 【GDC 2016】自宅が4D映画館に?VR映像と連動して風を送る「Vortx」を体験
  • 【GDC 2016】自宅が4D映画館に?VR映像と連動して風を送る「Vortx」を体験

米サンフランシスコで開催されている世界最大のゲーム開発者向けイベント「GDC」にて、VR映像と連動して風を送るデバイス「Vortx」を体験してきましたのでご紹介します。

カリフォルニアベースの開発チームWhirlwindVRによる「Vortx」は、Oculus RiftなどのVR機器と組み合わせることで、従来の視覚と聴覚を使った仮想現実体験に、触覚による効果をプラスするというものです。


今回の展示では『Clash of Clans』のVR映像が使用されていました。映像の中で雷が落ちると「Vortx」から風が発生するのですが、ちょうど顔に当たるのでVR映像が一層リアルに感じられます。また、通常の風だけでなく、爆発が起こったりやドラゴンが火をふいたりすると「Vortx」からは熱風も吹きだします。

開発者キットの予約を開始したばかりということもあり、会場で実際に動作していたのは一品物のプロトタイプでした。空気を圧縮して風を送りだす仕掛けのためか、現段階では風発生時の音がかなり大きく、ヘッドフォン越しでもはっきりと聞こえてくるのが気になりました。開発者キット版の外装も展示されていましたが、さらなる遮音性を期待したいところです。

Oculus RiftやPS VRをはじめ、各社こぞってVR用のヘッドマウントディスプレイを展開している中で、その周辺機器として仮想現実体験をさらに高めるためのデバイスが登場しはじめているのは興味深いところです。

開発者キット版の外装
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面

    エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面

  2. 手が不自由な人のためのサンダル型ゲームコントローラー「GEAR」が開発中

    手が不自由な人のためのサンダル型ゲームコントローラー「GEAR」が開発中

  3. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

    VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  4. 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説

  5. スペックや発売時期は?新型本体「PS4.5/PS 4K」の気になる噂まとめ【UPDATE】

  6. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  7. 初代Xboxのコントローラーデザイン案が披露!―ドリームキャストからの影響も?

  8. 海外で発売されたXbox One Eliteコントローラーが編集部に届いた!

  9. 【特集】Valve製ストリーミング機器「Steamリンク」開封&使用レポ―リビングにPCゲームがやってきた!

  10. Oculus RiftのDRM機能からハードウェアチェックが削除―今後も使用しないと明言

アクセスランキングをもっと見る

page top