“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

「Oculus Rift」対応VR作品はSteamなどで販売可能、手数料など無し―公式ブログ報告

「Oculus Rift」対応VR作品はSteamなどで販売可能、手数料など無し―公式ブログ報告

March 29, 2016(Tue) 10:46 / by subimago

Oculus VR社は公式ブログの中で、Oculus Rift対応VRタイトルを「Oculus Store」以外のサービスで販売・提供することを認め、Steamやその他PC向けゲーム配信プラットフォームで各対応作品を利用できると発表しました。

公式ブログが伝えるところによれば、Oculus Rift対応アプリケーションのデベロッパーは「Oculus Store」の利用を義務付けられることがなく、アプリ内課金(In App Purchase)の提供についても制限が課されないとのこと。販売に際してOculus側から手数料を要求することはなく、ロイヤリティフリーキーも求めることが可能と述べています。なお、Oculus Store外のアプリをRiftで利用する際には「Unknown Sources」の利用設定をオンにする必要があるとのことです。

Oculus Riftは海外で3月28日より出荷スタート。新たなVR体験を提供するデバイスとして、「HTC Vive」「PlayStation VR」に先んじた形でユーザーの手元へ届けられつつあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2016年3月29日 15:07:10 ID: 8ds0S0gMov2e
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    ※1
    もちろんデバイスの販売。デバイスの販売数を伸ばすために、まずコンテンツの充実が必要だと感じてるんでしょう。
    まずはインストールベースを伸ばす戦略で、VR 市場を立ち上げる。そのために(とりあえず初期は)手数料や利用料を取らないってのはよくある戦略

  • 2016年3月29日 17:13:00 ID: ZxZwmGyPzb2K
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    EVEはSteamで非VR版を売るとかいってた記憶があるが
    ただでさえパイの小さなPC市場でそういう囲い込み商法すんなよな

  • 2016年3月29日 16:35:48 ID: 29iSix7A7xVZ
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    Androidで野良アプリのインストール許可設定を設けてもデフォルトでオフなら大勢に影響ないように、これもまったく同じこと
    つまり本命はストア商売だろう

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

no image