【特集】女子はアルパカ牧場でゲームをキャプれるか―秋の那須高原へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【特集】女子はアルパカ牧場でゲームをキャプれるか―秋の那須高原へ

ゲーム機 周辺機器

【特集】女子はアルパカ牧場でゲームをキャプれるか―秋の那須高原へ
  • 【特集】女子はアルパカ牧場でゲームをキャプれるか―秋の那須高原へ
  • 【特集】女子はアルパカ牧場でゲームをキャプれるか―秋の那須高原へ
  • 【特集】女子はアルパカ牧場でゲームをキャプれるか―秋の那須高原へ
  • 【特集】女子はアルパカ牧場でゲームをキャプれるか―秋の那須高原へ
  • 【特集】女子はアルパカ牧場でゲームをキャプれるか―秋の那須高原へ
  • 【特集】女子はアルパカ牧場でゲームをキャプれるか―秋の那須高原へ
  • 【特集】女子はアルパカ牧場でゲームをキャプれるか―秋の那須高原へ
  • 【特集】女子はアルパカ牧場でゲームをキャプれるか―秋の那須高原へ


2016年11月9日に発売された、アバーメディア・テクノロジーズの最新キャプチャー機器「AVT-C878(Live Gamer Portable )」。高画質の配信/録画が可能になり、数々の新機能を備えた、ゲーム実況者やストリーマー注目のデバイスとして、編集部でもレビュー記事も掲載しています。

この「AVT-C878」で特筆すべきは、パソコンがなくても、スマホゲームのプレイ画面が簡単にキャプチャできてしまうこと。外に出かけて、人気の『ポケモンGO』などを録画してみたい、と考える人も多いのではないでしょうか。

そこで、「山奥でゲーム実況をキャプれるか」の企画でも登場したココ先生と共に、「AVT-C878」をつかって外でスマホゲームのキャプチャをしてみる旅に出発! 前回の高尾山に続いて、今回は「アルパカ牧場」をはじめとする那須高原の観光スポットをいくつか巡ってきました。

すばらしい景観も見られるその様子をフォトレポ形式でお送りします。


最初に訪れたのは、那須高原の自然にたたずむ小さなレストラン「Licca
チーズリゾットが有名なお店です


ここでアルパカ牧場に行く前に、「AVT-C878」のセッティングをすることに


「へえ~ 意外と小さいんだ」


AVT-C878本体の他に、USB2.0ケーブル、HDMIケーブル、3.5mmステレオオーディオケーブル(4極)が付属
※スパくんは含まれません


まずは本体にHDMIケーブルとUSBケーブルを挿して


USBから給電用のモバイルバッテリー(別売り)に接続
※6000mAhのモバイルバッテリーを使用すれば、3.5時間程度使えます


HDMIケーブルを別売りのLightning - Digital AVアダプタで変換してスマホに繋ぎます
※iOSデバイスのみ対応。Androidスマホには対応していません


録画データを保存するためのmicroSDカード(別売り)を挿入


ヘッドセットを接続すれば、実況音声も録音できます


モード切替スイッチは中央の「単体録画モード」に設定


セッティングはこれで完了!
あとはSTARTボタンを押してスマホゲームをプレイするだけ


STARTボタンが赤く点滅すると録画中の印
画面は、イケメンマフィアとの恋愛ゲーム『マフィアモーレ☆


というわけで場所を移動し八幡地区にある「つつじ吊橋」へ


長さ130mの大きな橋で、紅葉に差し掛かる絶景が見られました


せっかくなので、吊橋の上でもゲーム録画にトライ!


「ホントに簡単に外で録画できちゃうんだ」


最近ハマってる『チャリ走』のプレイをキャプチャ中


つつじ吊橋の近辺にある観光スポット「殺生石」にも寄り道


「うわっ すごい臭い」
殺生石は、辺りに火山ガスが立ち込めていることで知られます


山の斜面に溶岩が点在しており、とても神秘的な場所

次ページ: いよいよアルパカ牧場へ!

《Game*Spark》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 31 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. VR版『Fallout 4』E3でプレイアブル出展、ディレクターは「人生で最も想像を絶するもの」と絶賛

    VR版『Fallout 4』E3でプレイアブル出展、ディレクターは「人生で最も想像を絶するもの」と絶賛

  2. 新型Xbox Oneコントローラー「Recon Tech Special Edition」海外にて登場!

    新型Xbox Oneコントローラー「Recon Tech Special Edition」海外にて登場!

  3. 新たな表現に期待! HTC Viveを利用したリアルタイムプロジェクションマッピング

    新たな表現に期待! HTC Viveを利用したリアルタイムプロジェクションマッピング

  4. Razerのプロ仕様PS4コントローラー「Raiju」海外で予約開始―価格は約2万円!

  5. バンダイナムコ、大型VR施設「VR ZONE Shinjuku」を期間限定オープン!

  6. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  7. VRヘッドセット新型「Vive 2」がCESで発表との噂をHTCが否定

  8. 2013*年末企画『AMDの新グラフィックAPI“Mantle”その一連の動向に迫る』

  9. つくってあそぼ、Googleがダンボールとスマートフォンを使ったVRヘッドセットの作り方を公開

  10. 海外改造マニアが伝説の任天堂版「PlayStation」を分解して解析!―修理して完全動作を目指す

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top